MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

茂木氏の出世作『脳を活かす勉強法』を読んで秀才と凡人の差を感じたのは私だけか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いまを時めく脳科学者は最初は凡人だった」といいたいのだろうが、学生時代に脳を喜ばず勉強法を発見することこそ、まさに秀才の証明ではないかと改めて感心してしまう。(バックナンバーはこちら)

この成功本はここがミソ!

 いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの脳科学者、茂木健一郎氏の出世作である。現在の肩書きを拝見すると、

「ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー」
「東京工業大学大学院連携教授」(脳科学、認知科学)

となっており、そのプロフィールは、

「1962年生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職」

となっている。どこから見ても、われわれ下々の者が及びもつかない、秀才の中の秀才、キングオブ秀才といったほうがよいかもしれないアタマの持ち主なのである。

 そんな生まれつきの秀才の勉強法なんて、一般人には役に立たないと思いがちだが、これだけヒットするには、それなりの理由があるのだ。

 それは、「脳を喜ばせば勉強ができるようになる」ということ。これまでのやる気や効率などを重視するメンタルな勉強法と違って、脳を身体の一部と考えてフィジカルな勉強法を唱えているところだ。

 自分の好きなことをやることで、脳が喜び、ドーパミンが分泌すると、その行動を克明に記録して、その快感を再現しようとする。それが、次第に常習化すると、その行動も上達して、ますます良い結果が期待できるという仕組みである。

 ドーパミンは、交感神経節後線維や副腎髄質に含まれるホルモンの一種で、常に出ているわけではなく、ここぞというときに分泌されるもので、本来、いろんな行動の動機となるものを学習する因子である。たとえば、サルを使ったドーパミンの阻害実験では、学習能力の低下が起こったという実験がある。

 本書では、ドーパミンが分泌される仕組みを「強化学習」といい、脳は「試行錯誤の末の成功」を体験したがっているので、脳に負荷をかけることこそ効果的な勉強法だとしている。

 簡単に聞こえるが、実は大変やっかいな方法だが、茂木氏本人は、この方法で大成功している。学生時代は決して秀才とはいえなかったが、脳の特性を知って、自分の脳と上手につき合うことで、「勉強」そのものを楽しみ、華麗な学歴を歩んでいる。

 しかし問題は、人は自分の脳の喜ぶことばかりをしているわけにはいかないという面である。もともと勉強嫌いの子や好きな仕事に就いていない人はどうすればよいのだろう。

 そんな人に共通していえるのは、「自分にはできるはずがない」とか「自分には荷が重すぎる」とか、マイナス思考に陥りやすいということだ。そんな後ろ向きの考え方を改めて、思いついたり、気が向いたらすぐに始めることが、問題の克服につながっていくのである。

 1155円の本書一冊で、本当に簡単に勉強や仕事が楽しくなれば儲けものだが、秀才のいうようにはなかなかうまくいかない。

 そのうえ茂木氏本人も、報道されているようにきらびやかな実績ばかりではないのだ。実は誰も指摘しないが、数年前、出井ソニーの超目玉戦略として茂木氏が中心となり、「クオリア」ブランドの商品を数多く登場させたが、どれもパッとせず、結局ソニーを退職することになった。そして、当時は日本の救世主ともてはやされた出井伸之氏も、「ソニーショック」といわれた予想以上の業績の落ち込みで、責任をとって辞任している。

 こうしてみると、脳科学者の茂木氏も、自分の脳とはすべてうまくつき合っているわけでないということか。あるいは、表現者や発信者として優秀ではあったが、クリエーターとしては超一流ではないということなのかもしれない。いずれにしても、脳も脳科学者も、まだまだ解明できないミステリアスな世界である。

 次に心理カウンセラーで成功本アナリストの高橋聰典氏に本書の解説をしてもらったので、ぜひ参考にしてほしい。(次ページへ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • アイブックコミュニケーションズ(アイブックコミュニケーションズ)

    2000年、書籍の編集制作を専門とする出版OEMカンパニーとして設立。既存の編プロ事業ではなく、自ら積極的に企画をプロデュースして、ソフィアバンク副代表でマネーキャスターの藤沢久美氏やドイチェ・アセット・マネジメントのチーフストラテジスト松尾健治氏、人気歴史作家の関裕二氏などによる、数多くの書籍を制作して好評を博する。2007年には、書籍の制作プロデュースで培ったスキルを活かして、Web部門にも進出。以後、アクセスが集中するような有力記事を配信し続けている。アイブックコミュニケーションズのホームページはこちらから

  • 高橋 聰典 (監修者)(タカハシ ソウスケ)

    1973年東京都生まれ。高度経済成長が終焉を迎えたオイルショック時に生を成し、戦後の右肩上がり経済の中で安定成長期と呼ばれている時代に、一般的な中流家庭で幼少期・青年期を過ごした。公立の小学校、中学校、中レベルの高校という学生時代を通して、ごく普通の人間であったが、その後ロストジェネレーションの特徴でもあるニートやフリーターとして、うだつの上がらない生活を経験。社会人に成れない、人と親密な関係が築けないなどの屈折した自身の心を、どうにかしたいと模索する中、心理学に出会い、さまざまなセミナーに通い詰め、精神的な成長を遂げる。
     そして現在、心療内科勤務・カウンセラー養成スクールの講師経験を生かし、心理カウンセラー・メンタルコーチとして企業研修・教員研修・カウンセラー育成・子育て支援を業務とする株式会社マインドサポートを起業。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5