MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

メディアやアナリストに洗脳されてはいけない 相場における「大幅高」というワードを疑え

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/27 10:00

   投資初心者の方には「大幅高」「暴騰」という相場用語は魅力的に響きます。相場に慣れた方は、なにげなく聞き、口にする言葉です。しかし「大幅高」は本当に大幅高なのでしょうか? ありふれた相場用語の「本当?」を、今回は御一緒に考えてみましょう。(バックナンバーはこちら)

何を基準に「大幅高」「暴騰」なのか?

 普段相場に向かっていると、なにげなく耳にする、口にする「大幅高・大幅安」「暴騰・暴落」という言葉があります。毎日耳にし、口にするため、当然のように、そしてあまり深く考えないで受け入れ、使ってしまう言葉です。

 しかし、何を基準に「大幅高」「暴騰」なのでしょうか?

 1987年のブラックマンデーや、日経225先物でサーキットブレーカーが発動する昨年秋のような下げであれば、問答無用で「暴落」といっていいでしょう。また、本年3月中旬から見せた3ヶ月間で約45%の株価指数(日経平均)上昇は、迷うことなく「暴騰」といっていいかと思います。

 「大幅高」「暴騰」などは、本来、株価の上昇・下落を示す「値幅」や「(前日比、前週比等の)尺度」で使われる言葉なのですが、どれだけ株価が上昇・下落すれば、大幅なのか、暴なのか、その基準はあいまいです。しかも、相場の世界においては、これらは幅と尺度という本来の意味に、さまざまな「不純物」がのっかり使われます。

 以下、その「基準のあいまいさ」と「不純物」の主なものを見ていきましょう。

その1 「投資家の心理・主観」

 仮に、日経225先物がザラ場で150円下げたとします。ある投資家(投機家)は、ロング(買い)ポジションで既に200万円の含み損を抱えています。その状態で、ザラ場150円の下落を体験したとします。

 その投資家は「大幅安で含み損が拡大」とブログに書きます。似たような心理・状態の人が、コメント欄に「今日は大幅安で、お互い含み損拡大で痛いですね」と書けば、そのコミュニティでは、150円の下落が「大幅安」となります。

 しかし、日経225先物の150円下落は、本当に「大幅安」なのでしょうか?

 本年6月2日から6月9日の6営業日、相場は停滞し、日中値幅は6日連続でほぼ100円割れ。その中には、日中値幅が50-60円という今年最低水準の日もあり、このような狭い値幅は、1年11カ月ぶりのことでした。

 このような値幅の狭い相場展開が続き、突然150円安があれば、「大幅安」「急落」と言うのも分からないではありません。しかし、このような狭い値幅で、しかもそれを連発することは、相場ではめったにないことです。

 このような数年に数回しか起こらない狭い値幅を基準として「大幅安」と言っていいのでしょうか? 時間軸を変えて見てみましょう。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5