MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

金融危機で原油バブルが弾けて1年
中東市場に今何が起こっているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/10/29 09:00

 原油バブルにより栄華を誇っていた中東経済。しかし世界金融危機の影響でバブルは弾け、株式市場は低迷したり、不動産価格は下落した。あれから1年、今中東経済はどうなっているのか。(バックナンバーはこちら)

金融危機から1年経過した中東経済の現状

 オイルマネーの恩恵を受けていた中東も、世界金融危機の影響を受けて、株式市場が低迷したり、不動産価格が下落したりするなど、きびしい状況に置かれていました。

 しかリーマン・ショックから約1年が経過し、いま世界経済は回復へ向かいつつあります。UAEにしても2009年GDP成長率は2~3 %程度になり、08年の7.4%からかなり低下すると予想されていますが、現在は景気刺激策の効果もあって他国と同様に回復傾向にあります。UAEの経済省は、2009年第4四半期もしくは2010年より成長軌道に乗るだろうと発言しています。

F1アブダビGPが初開催 ホテルの下にサーキットを建設

 回復へ向かって歩き出した中東経済に追い風が吹こうとしています。というのもF1アブダビGPが今年11月1日に初開催されるからです。

 新興国はF1の誘致を国家プロジェクトとして取り組んでいます。たとえば、シンガポールはアブダビより一足早く2008年から開催しており、F1初のナイトレースで世界中から注目を集めました。

 世界各国のサーキットにはそれぞれ特徴があり面白いですが、アブダビGPではF1マシンがホテルの下のヤス・マリーナ・サーキットを時速300kmで走り抜けます。

 レース用に整備されていない公道で夜にレースをするのは危ないという声もありますが、ライトアップされて輝く市街地をF1マシンが走るのはとてもエキサイティングです。F1は世界的なモータースポーツであり、中継でシンガポールの夜景が世界に配信され、観光都市としての魅力をアピールできるイベントです。

『F1経済効果調査報告書』によると、2004年アテネ五輪の経済効果は4,072億円、2006年FIFAワールドカップ・ドイツ大会は2,241億円、2005年F1トルコグランプリは220億円でした。F1は1戦あたり3日程度で、年間18戦ほどありますので、年間の経済効果としての試算は約4,000億円にのぼります。

 オリンピックやワールドカップは4年に1回の開催ですが、F1では数年間同じサーキットを使うので、長期にわたって経済効果が発生します。また、数字ではかることのできない効果もあります。F1は特に欧州で人気があり、F1を開催しているというブランド力は、観光客を引きつけるのに十分です。知名度やイメージアップも期待できます。

完成前から全室予約済みのヤス・マリーナ・ホテル

 F1効果の1つがサーキット周辺のインフラの整備です。今年は5ツ星ホテルの豪華ホテルが完成しました。(次ページへ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 内藤 美穂(ナイトウ ミホ)

    1984年生まれ。株式会社ガジェットウェア代表取締役兼CEO。大学在学中にガジェットウェアを設立。日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」キャリアクリエイト部門10位受賞。外資系投資銀行やベンチャーキャピタルとのパイプを持つ。学生時代より投資家としてTV、新聞、雑誌など各メディアに取り上げられる。18歳の頃にeワラント取引を始めたのをきっかけに、日本株、中国株、FXなどを取引する。現在、投資関連事業の一環として「ドバイ株ドットコム」でドバイ株口座開設サービスを提供している。
    Miho Naito CEO blog」でブログを更新中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5