MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

書店を取り巻くきびし~い環境
気になる店員の年収を公開します

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年の出版物販売額は2兆177億円。前年割れが4年連続で進行中と、書店を取り巻く環境は厳しさを増すばかり。書店の経営、書店員の給料はどうなっているのか。(バックナンバーはこちら)

書店員の給料ってどのくらい?

 書店の再編や廃業が止まらない。ネット販売やコンビニでの取扱いの拡大もあるが、読書離れが最大の要因。2008年の出版物販売額は2兆177億円。前年割れが4年連続で進行中と、書店を取り巻く環境は厳しさを増すばかり。書店の経営はどうなっているのか、書店員の給料も気になるところだ。

 書店業界の大型再編に動いたのは、書籍や雑誌の印刷を手がける大日本印刷(DNP)。同社は老舗書店の丸善、大型店舗を構えるジュンク堂(未上場)を相次いで子会社化。講談社や小学館、集英社といった大手出版社とは、中古本の販売を手がけるブックオフコーポレーションに共同で出資し、大株主に躍り出た。

 丸善は、DNPのグループ会社である図書館流通センターと共同持株会社を設立(10年2月1日)し経営統合に踏み込む予定で、将来的にはそこにジュンク堂も加わる構想も打ち出されている。

 ジュンク堂は文教堂グループホールディングス(HD)の筆頭株主になっており、DNP主導で巨大書店グループが出現する可能性も高い。一方、書店業界のリーダーともいうべき存在の紀伊国屋書店(未上場)が提携したのは、印刷や電子部品でDNPと覇を競う凸版印刷である。

 さて、実際に書店の経営内容を見てみよう。見ていくのは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のフランチャイズ(FC)に加盟、新潟や長野を中心に、首都圏でも蔦屋書店を展開する「トップカルチャー」。

 63店舗で285億円という売上高をはじめ期末在庫、店舗価額(店舗の資産価値=帳簿価額)などを元に、1店舗平均で見てみると……(表参照)。

従業員平均年間給与はおよそ400万円

 同社1店舗あたりの1日の売上は、書籍50.4万円、CDやDVDのレンタル26.8万円、文具10.8万円など、合計では約124万円。それを従業員4.3人で支えている計算になり、抱える在庫は1億1300万円超、店舗価額は3242万円といったところだ。

 その書店部門にその他事業を含めた連結決算では、売上原価(原価)は69.8%、販売費及び一般管理費(経費)は28.3%、そして営業利益1.9%というのが、最終的な経営成績だった(08年10月期)。

 つまり、トップカルチャーで、書籍や雑誌1000円分の買い物をしたとして、原価は698円、経費は283円、そして営業利益が19円という計算になる。さらにいえば、1000円の支払いには、店舗の賃借料72.5円や従業員の給料手当88.7円、FC契約を結んでいるCCCに支払うロイヤリティ12.8円などが含まれているということ。そして、従業員平均年間給与はおよそ400万円である。

 この給与は高いのか、低いのか・・・。もう1つ他の書店も見てみよう。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5