MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

初級者にもよくわかる!
NT倍率を使ったデイトレのノウハウ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/12 09:00

 今回は、テクニカル指標の1つ、NT倍率を使ったデイトレ法を解説する。「日経平均÷TOPIX」で算出するため、日経平均、TOPIXそれぞれの特徴をつかんでおくことが重要だ。

NT倍率を使うなら知っておきたい、日経平均、TOPIXの特徴

 今回は、NT倍率を使って、相場の物色動向を推測したり、相場の状況を判断したりする方法を紹介したい。NT倍率は、日経平均÷TOPIX(東証株価指数)で算出する。つまり、日経平均がTOPIXの何倍かを示したものだ。この数値が高ければ高いほど、日経平均がTOPIXに対して人気が高まっている、逆に、低ければ低いほど不人気であるとみるのだ。

 ところで、初中級デイトレーダー向けに、それぞれの指数の特徴などについて、簡単に説明をしておく。

特徴(1)日経平均は株価の高い銘柄、TOPIXは時価総額の大きい銘柄の影響を受ける

 日経平均は、東証一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225社を、日本経済新聞社が選定し、それらの株価を、単純平均型(単純に株価だけに着目する。)の計算方法で算出する株価指数だ。一方、TOPIXは、東証一部上場株式銘柄を対象として、東証が、加重平均型(株価だけでなく、発行済株式総数、浮動株比率なども考慮する。)で算出している株価指数だ。

 つまり、単純平均型の日経平均は株価の高い銘柄の株価動向の影響を受けやすく、一方の加重平均型のTOPIXは時価総額(株価×発行済株式総数)の大きい銘柄の株価動向の影響を受けやすいという点が第1の特徴だ。

特徴(2)日経平均はハイテク株・外需株指数の色彩が強い

 日経新聞社は、00年4月24日に、構成銘柄を30銘柄一気に入れ替えた。この際、オールドエコノミーと呼ばれた内需系銘柄群が除外され、ニューエコノミーと称されたIT関連の外需系のハイテク株が大量に新規採用された。この結果、その後の日経平均はハイテク株の値動きに左右されやすい、ハイテク株・外需株指数の色彩が強いという特徴を持つようになった。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5