MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

穴吹工務店が経営破綻
分譲マンション大手の経営を一覧チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 高松市のマンションディベロッパー、穴吹工務店が会社更生法の適用を申請した。上場分譲マンション大手の経営状態をここで今一度整理してみよう。(バックナンバーはこちら)

穴吹工務店・経営破綻の兆候

「資本関係、債務保証等の重要な契約の締結及び人的交流等の関係も無く、それぞれがまったく独立した企業グループとして独自の経営がなされています」

 大証1部上場の穴吹興産(証券コード8928)は先月、こんな声明を出した。マンション分譲大手で未上場の穴吹工務店(「サーパス」シリーズ)が、11月24日に会社更生法の適用を申請。それを受けて、「グループ会社では?」と混同、誤解される懸念を払拭するためだった。

 穴吹興産は、穴吹工務店のグループの一員として出発したのは事実。ただし、その後、マンション分譲事業(「アルファ」シリーズ)で競業関係に入ったことで、独自経営に舵を切ってきた経緯がある。

 声明を出した穴吹興産は、マンション分譲を中心に、「高松国際ホテル」「ロイヤルパークホテル高松」「岡山パークホテル」といったホテル、各種施設やゴルフ場なども運営。ジャスダックに上場している、人材派遣サービスのクリエアナブキ(証券コード4336)は子会社だ。

 穴吹興産は08年度、1923戸のマンションを分譲するなど売上高は約670億円、営業利益率は3.2%だった。その収支を1000万円のマンションにたとえれば、原価は814万円、経費は154万円、営業利益は32万円ということになる。

 経費の内訳は広告宣伝費19万円弱、販売促進費27万円、給料など人件費はおよそ50万円といったところ。従業員の平均年間給与は576万円(平均年齢32.8才)、取締役の平均報酬等は3133万円。09年度も3%強の営業利益率を見込んでいる。

 穴吹工務店の経営行き詰まりの原因のひとつは、マンション市場の落ち込み。一部に回復の兆しが見えるとはいうものの、買い控えの傾向は依然として強い。中堅のコスモスイニシアは、私的整理の一種ともいうべき「事業再生ADR」を活用し、大和ハウス工業などからの出資を受けて経営再建に着手している。

粗利益が標準は?

 ところで、マンション分譲価格の内訳は、用地代が2~3割、建設費は4割から5割、広告宣伝費などの経費がおよそ1割、そして2割程度の粗利益が標準だといわれていた。現状はどうなのか。首都圏を中心にマンション分譲事業を展開しているゴールドクレストの例で見ていこう。(次ページへ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5