MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

あなたの知らないYahoo!ファイナンス
担当者が語った大型リニューアルの真相とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/01/14 10:00

投資家ならずとも経済に興味を持つ日本人の多くが利用する日本最大のマネーサイト「Yahoo!ファイナンス」。2009年8月に大規模なリニューアルを実施したが、いったいどこが変わったのか。復習を兼ねて見ていこう。

Yahoo!ファイナンスはなぜリニューアルしたのか

 月間6億PV超を誇る日本最大のマネーサイト「Yahoo!ファイナンス」が8月にリニューアルを行ってから5ヵ月近く経過した。

 ネット上ではユーザーによる「使いやすくなった」「便利なりましたね」という肯定的な意見から「これは改悪なのでは?」「リニューアルに気付かなかった」など決してプラスの評価ではないものまで賛否両論が渦巻いている。そこでMONEYzine編集部が、「Yahoo!ファイナンス」の担当者に突撃取材を敢行し、リニューアルを決めた背景、改善のポイントを聞いてきた。

 説明していただいたのは、Yahoo!ファイナンスでプロデューサーを務める庵原保文氏。庵原氏は出版業界を経て、2006年にヤフーに入社、2008年よりYahoo!ファイナンスプロデューサーを担当している。

 同氏は今回の大型リニューアルによって「サイトの使い勝手が向上したはず」と胸を張る。今回のリニューアルにあたっては、サイト内でどのコンテンツが利用されているのか、また使われてないのかを、CTRなどさまざまな指標を元に徹底的に洗い出したという。

 その結果を踏まえ、「トップページのコンテンツ構成や銘柄検索システムの変更など、これまで改善事項として課題にあがっていた点を今回のリニューアルで見直した」(庵原氏)という。

 Yahoo!ファイナンスは、投資やマネーの総合情報サイトなので膨大な情報が揃っている。株価やIPO、株主優待など日本株情報のほか、外国為替や金利、投資信託や中国株、ニュースや企業情報まで幅広い。それだけに、どうやって情報を整理して、ユーザーに提供するかが長年の課題だったという。

「ここ数年で投資家が興味を持つ対象に広がっており、これに対処する必要がありました。たとえば以前はトップページのナビゲーションが4つだけでしたが、リニューアル後は10個の項目に細分化しました。これにより、2階層目にあったコンテンツをトップページへ棚だしし、アクセスを容易にしました」(庵原氏)

 たしかに以前は「トップ」「株・投資」「お金」「企業情報」の4項目だけだったが、FXの人気定着や指標情報の背景を知りたいというニーズに応え「外国為替」や読み物中心の「ニュース・コラム」などがナビゲーションに追加されている。

 ナビゲーションのデザインも少し変更されたが「あえてYahoo!ニュースのデザインにあわせている」(庵原氏)ということだ。

 これは非常に多くのユーザーが使うYahoo!ニュースと同じユーザー体験を与えるためで、ヤフー全体でユニバーサルデザインを目指しているためだ。ユーザーによっては冷たい印象を与えるが、これは色を追加して誰かに好かれるというよりは、誰にも嫌味がないような色選びにしているのだ。

ファイナンスユーザーはNYダウに注目

 またリニューアルで露出を増やしたのが、「NYダウ平均株価」や「上海総合指数」だ。
 NYダウは経済ニュース通信社であるダウ・ジョーンズ社が算出する米国の代表的な株価指数。米国版日経平均株価といえばイメージしやすいかもしれない。上海総合指数も同様に、上海証券取引所で取り引きされるすべての株(A株とB株)の株価指数のことだ。

 庵原氏はYahoo!ファイナンスのコンテンツの中でも「NYダウ平均株価」や「上海総合指数」にユーザーの注目が集まっていると指摘する。

「国内株式市場に活気がないので、日本株離れが起こっているのではないでしょうか。米国や中国など海外指数を見るユーザーは着実に増えています。そのため『株式』ページにもNYダウと上海総合のチャートなどを目立つように配置し、世界中の海外指数を一覧で見られるようにしました」

(図をクリックすると拡大)

Yahoo!ファイナンスの敷居が高くしているのは「掲示板」か?

 さて次にリニューアルの課題としてファイナンスチームが取り組んだのが「いかに初心者のユーザーに使ってもらえるか」だった。というのも、これまでのYahoo!ファイナンスは経験のある投資家たちが利用するサイトというイメージが強かったからだ。(次ページへ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5