MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

CFD取引をはじめよう
初心者向けのCFD入門ガイド

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/01/20 09:00

世界中の色んな銘柄にできる金融商品として注目を集めているCFD。少額から始められて24時間取引できるなどさまざまなメリットがあります。今回はCFDの特徴を簡単にご紹介します。(バックナンバーはこちら)

CFDってなに?

 CFDのことは知らなくても、FXなら知っているという人は多いのではないでしょうか。CFDもFXと同じ証拠金取引で、少額から取引できるという魅力があります。

 レバレッジをかければ短期間で大きな利益を狙うことも可能です。FXは為替を取引するのに対し、CFDでは日経平均やNYダウなどの株価指数、原油や金などのコモディティ、国内外の個別銘柄など世界中の色んな銘柄に投資することができます。また、買いからも売りからも入ることができるので下げ相場でも儲けるチャンスがあります。

 CFDは「Contract For Diffrence」の略で、直訳すると「差金決済」という意味です。株式投資のように現物を取引するのではなく、相場が上がったり下がったりする中で価格を取引しているようなもの。それでは、今回はCFDでどんなことができるのか、ポイントを押さえて見ていきたいと思います。

少額から始められる

「投資」と聞くと大金がないとできないようなイメージがありますが、CFDなら投資資金は1ヶ月のお小遣いほどで十分です。株式投資では最低でも30万円程度のまとまったお金がないと銘柄選びで苦労しますが、CFDは1単位から取引できるので少額から始めることができるのです。

 トヨタに投資をする時を例にあげて、株式投資とCFDに必要な最低金額を比べてみましょう。トヨタが1株3500円だとすると、株式投資では最低取引単位が100株なので3500円×100株=35万円です。

 一方、CFDは1単位から取引できるので3500円です。さらにCFDはレバレッジをかけることができるため、リスクを高くしてもっと少ない金額で取引することが可能です。これについては後で詳しくご紹介します。日本を代表する銘柄に数千円から投資できるので、レバレッジをかけずにやるなら、これから投資をしてみたいという初心者の方でも気軽に参加できます。

レバレッジをかけてハイリターンを狙うことも可能

 CFDはFXと同様に証拠金取引なので、レバレッジをかけることができます。日本の個別銘柄の証拠金率が10%とすると、トヨタは3500円×10%=350円から取引できると分かります。

 しかし、いくら350円で投資できるといってもこの状態ではレバレッジ10倍をかけていることになるので、少し株価が動いただけで大きな利益を得ることができる反面、大きな損失を抱えることがあります。

 たとえば、投資金額3万円でトヨタが1株3500円の時にトヨタのCFDをレバレッジ10倍で取引するとしましょう。

 30000円÷(3500円×10%)=85株

の買いポジションを持ちます。この数日後、株価が3500円から3800円に300円上昇すると、

 300円×85株=25,500円

の利益が出ます。この反対に、3200円に下落すれば25,500円の損失です。

 このように少額投資でもレバレッジを高くすれば大きなリターンを望めます。FXなどの証拠金取引をしたことがあるという人はレバレッジをきかせて短期間でハイリターンを狙うこともできますが、証拠金取引の経験がない人ならまずは株式投資と同じ感覚でレバレッジをかけずに始めるのをおすすめします。

世界中のいろいろな銘柄を取引できる

 少額投資が可能であることに加え、他にも個人投資家にとって、CFDが魅力的なポイントがいくつか存在します。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 内藤 美穂(ナイトウ ミホ)

    1984年生まれ。株式会社ガジェットウェア代表取締役兼CEO。大学在学中にガジェットウェアを設立。日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」キャリアクリエイト部門10位受賞。外資系投資銀行やベンチャーキャピタルとのパイプを持つ。学生時代より投資家としてTV、新聞、雑誌など各メディアに取り上げられる。18歳の頃にeワラント取引を始めたのをきっかけに、日本株、中国株、FXなどを取引する。現在、投資関連事業の一環として「ドバイ株ドットコム」でドバイ株口座開設サービスを提供している。
    Miho Naito CEO blog」でブログを更新中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5