MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

トヨタの方が日本より安全という事実
債券市場で生じている大変革の中身

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/01/17 14:00

ギリシャ、日本など世界中の国で財政赤字の拡大が議論されています。国債のデフォルトリスクが意識され、「ソブリンCDS」という形で取引きされる今、債券市場に大きな変革が起きようとしています。(バックナンバーはこちら)

もはや安全資産ではない

 金融の教科書では、最も安全な資産「無リスク金利」から始まり、無リスクの資産として「国債」が出てきます。ところが、金融工学の発達により「国債」が安全資産として扱われなくなっています。

 ギリシャの財政危機がニュースで報じられていますが、いったいどれほど危ないのでしょうか? それを示す指標が「ソブリンCDS」です。

 ソブリンCDSとは、100円の国債を他の人に保証してもらうときに支払う「保証料」です。直近のギリシャの場合、100ユーロのギリシャ国債を保証してもらいたい人は、保証してもらう人に年間約2.8%(280bp)の保証料を払う必要があります。

 ギリシャのCDSは、格付け機関による格下げや財政問題などが報道され始めた11月上旬より上昇を始め、ギリシャ国債が大きく売られた12月に一気に上昇しました。その差は他のユーロ諸国と比べると一目瞭然です。

(図をクリックすると拡大)

国債の利回りより日本のソブリンCDSが高い?

 日本のソブリンCDSも同様に市場で取り引きされています。ところが、そのソブリンCDSの利回りが日本の国債の利回りより高いという不思議な現象が起きています。

 100円お金を持っている人を考えましょう。次ページの表にあるように、現在その100円を使って満期5年の国債を買うと利回りは0.6%です。ところが、その100円を元手 に他人の持っている日本国債を5年間保証する契約を結ぶと、0.7%の保証料が受け取れます。自分で国債を買うより、他人の持つ国債を保証すると利回りが高くなる という不思議な現象です。

 教科書を読むと、国債の利回りには将来の政策金利の期待値と、信用リスクなどのリスクプレミアムが含まれていると書いてあります。その国債の利回りがソブリンCDSより高いとはどういうことでしょうか?(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 課長 今調査役(カチョウ イマチョウサヤク)

    大学院で物理学を志すも途中、島耕作にあこがれ金融業界へ。本職は債券市場と計量分析のアナリスト(自称調査役)であるが、お金の流れを追う過程でマクロ経済、株式、商品、アセットアロケーションなどを学び、株の銘柄選択以外すべてに通じるマルチアセットアナリストとして、多方面で活躍(予定)。日本人として日本人の資産をいかに有効利用するかを生涯の目標とする。
    好きな言葉 「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5