MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

CFD取引で発生する「4つのコスト」とは
ポイントはオーバーナイト金利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/08 10:00

CFD取引を始める前に、まずはCFDにかかるコストを確認しましょう。とくに、ロング(買い)ポジションを長期保有するならオーバーナイト金利に注意が必要です。

CFDの代表的な4つのコスト

 CFDにかかる主なコストは4つあります。「取引手数料」、「スプレッド」、「オーバーナイト金利」、「配当」です。それぞれ順番に説明していきましょう。

取引手数料

 取引手数料は、銘柄を買ったり売ったりする時にかかる手数料です。ただしCFD取引では取引手数料を無料にしている会社が多く、手数料を気にしないで取引をすることができます。これはとくに、小さな利幅を狙って1日に何度も取引する人にとっては大きなメリットです。

スプレッド

 スプレッドは、BID(売値)とASK(買値)の差です。たとえば、日経平均株価の株価指数CFDを取引する時、ASKが10000円、BIDが10030円と表示されていたら、30円がスプレッドとなります。スプレッドの目安は、日経平均株価で15~30円、NYダウで5ドル程度です。スプレッドが小さいほど取引コストが下がり、利益を出しやすくなることを覚えておきましょう。

オーバーナイト金利

 オーバーナイト金利は、日をまたいでポジション(買いまたは売りの状態)を持ち越した時に発生します。買いポジションを持ち越すとオーバーナイト金利を支払い、売りポジションを持ち越すとオーバーナイト金利を受け取ります。FXを取引したことのある人なら、スワップ金利をイメージすると分かりやすいでしょう。

 スワップ金利がプラスとなるポジションを保有していると毎日金利を受け取ることができますが、反対に、スワップ金利がマイナスのポジションを持っていると金利を支払います。スワップ金利とオーバーナイト金利は異なるものですが、金利の支払いや受け取りが発生するという点でFXとCFDは似ています。

 オーバーナイト金利は各国の政策金利やLIBOR金利(ロンドン銀行間取引金利)によって決まります。一般的な計算方法は、買いでは「政策金利+上乗せ金利」、売りでは「政策金利-上乗せ金利」です。

 上乗せ金利は会社によって異なりますが、おおよそ3%です。たとえば、NYダウの株価指数CFDを買うとします。アメリカの金利が4%、上乗せ金利が3%なら、4%+3%=7%の金利を支払います。NYダウを売りから入る場合は、4%-3%=1%の金利を受け取ります。現在はアメリカの政策金利はもっと低い水準にあるので上記の例の通りにはなりませんが、オーバーナイト金利はこのように算出できます。

配当

 最後に説明することストは「配当」です。株式投資では多くの企業が、決算で企業の利益の一部を保有する株数に応じて株主に分配します。これを配当と呼びます。

 CFD取引で個別株を取引する時には、配当権利確定日に買いポジションを持っていると、配当相当分を受け取ることができます。しかし逆に売りポジションを持っていると配当相当額を支払うことになります。

ミニマムチャージがかかる場合も

 他には取引内容によってはミニマムチャージがかかる場合があります。ミニマムチャージとは、取引代金が一定水準に達しない時に発生する手数料で、最低取引手数料のことです。

 もし少額でCFD取引をするなら、ミニマムチャージのかからない会社、もしくは取引手数料のかからない会社を選ぶといいでしょう。

 さて、ここまでCFD取引にかかるコストについて説明してきました。いかがでしょうか。もしかすると株式投資出身の投資家にとっては、「オーバーナイト金利」が少し理解しづらかったでしょうか。それでは次にもう少し詳しくオーバーナイト金利についてみていきましょう。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 内藤 美穂(ナイトウ ミホ)

    1984年生まれ。株式会社ガジェットウェア代表取締役兼CEO。大学在学中にガジェットウェアを設立。日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」キャリアクリエイト部門10位受賞。外資系投資銀行やベンチャーキャピタルとのパイプを持つ。学生時代より投資家としてTV、新聞、雑誌など各メディアに取り上げられる。18歳の頃にeワラント取引を始めたのをきっかけに、日本株、中国株、FXなどを取引する。現在、投資関連事業の一環として「ドバイ株ドットコム」でドバイ株口座開設サービスを提供している。
    Miho Naito CEO blog」でブログを更新中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5