MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ラウンドワン(4680) 出店を絞り込み既存店の立て直しを進める方針

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/16 15:00

<財務体質の改善を進める方針>
10/3期は11店舗出店予定だが、11/3期は2店舗に絞り込む方針。当面、財務体質の改善と既存店の立て直しを進める。 TIWでは10/3期の会社計画の未達を予想しているが、09年12月末実績PBR0.52倍、10/3期TIW予想PER11.8倍などの指標面からは割安感が感じられる。
<10/3期3Q累計は19.8%営業減益>
10/3期3Q累計(4-12月)売上高は前年同期比5.6%増の598億円、営業利益は同19.8%減の76億円となった。増収の要因は全店舗数が08年12月末比17店増加したことによる。3Q累計既存店売上高が前年同期比92.3%と伸び悩み、営業利益は同19億円減少した。会社計画に対しては売上・利益とも下回った。10/3期会社計画は中間決算時から売上高で30億円、営業利益で15億円引き下げられた。
<10/3期会社計画は若干の未達を予想>
TIWでは10/3期の売上高を前期比6%増の825億円(会社修正計画830億円)、営業利益を同12%減の120億円(同131億円)と予想する。この理由は、(1)1月の既存店売上高は前年同月比90.4%と回復傾向がでていない、(2)会社計画の既存店売上高前提は2月同96.4%、3月同99.3%であるが、もう少し厳しいと考えているため。(岡 敬)

【提供:TIW

【関連記事】
キッセイ薬品工業(4547) 主力2剤と新製品で腎・泌尿器領域が拡大
日本リテールファンド投資法人(8953) 合併に伴う負ののれんは物件の売却損などの補填に活用予定
エイベックス・グループ・ホールディングス(7860) 11/3期は25%営業増益を予想
セイコーエプソン(6724) 会社想定を上回るコスト削減の進捗を評価する

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5