MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ライオン(4912) 09/12期は営業最高益更新、10/12期も同水準を計画

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/16 15:00

<海外事業の動向に注目したい>
株価の下げる要素は少ないが、上値を狙うにはもう一段の海外の貢献が必要だろう。国内事業は、戦略製品「NANOX」の出荷が堅調な模様。海外は(1)10/12期も8%程度の増収を予想、(2)植物性洗剤原料MES(アルファスルホ脂肪酸メチルエステル塩)の外販が10年4月から本格化予定、と業績拡大は継続すると考えるが、09/12期所在地別セグメントの海外営業利益は15億円と限定的。海外の業績貢献が意識されれば株価は上昇余地があると考える。
<09/12期は過去最高の営業利益を達成>
09/12期業績は売上高3,219億円(前期比5%減)、営業利益100億円(同21%増)。インフルエンザ特需によりハンドソープなどで売上高約20億円が上乗せされたと会社側では推測、しかし、円高による為替差損が81億円となり減収となった。営業利益は原材料安の影響43億円(3-6カ月遅れて原料コストとして反映される)などで過去最高の利益を達成した。(高橋 俊郎)

【提供:TIW

【関連記事】
ラウンドワン(4680) 出店を絞り込み既存店の立て直しを進める方針
キッセイ薬品工業(4547) 主力2剤と新製品で腎・泌尿器領域が拡大
日本リテールファンド投資法人(8953) 合併に伴う負ののれんは物件の売却損などの補填に活用予定
エイベックス・グループ・ホールディングス(7860) 11/3期は25%営業増益を予想

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5