MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井造船(7003) 10/3期は大幅増収増益、しかし来期は伸び悩みそう

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/16 15:00

<来期以降を見据えれば積極的に買いづらい>
他重機大手が減益予想もIHI(7013)と並び同社の好調ぶりが目立つ。ただ、10/3期は大幅増益も足元の受注は大幅に減少している。11/3期は1兆円近い受注残を消化するにしても売上・利益の伸びは低く抑えられよう。加えて、今後も受注減が続いた場合、12/3期以降の業績が懸念される。このため、指標面でやや割安感があるものの、積極的に買いづらい局面と言えるだろう。
<3Q累計は船舶と舶用ディーゼルが稼ぐ>
10/3期3Q累計(4-12月)は、前年同期比26%増収、営業利益3.1倍、経常利益3.5倍、純利益4.9倍となった。前年が千葉工場のクレーン転倒事故やプラントの追加工事発生で利益が急減したのと対照的に大幅に収益が向上した。効率化投資、調達コストの削減、固定費削減等の原価低減策が効果を挙げた。3Q累計決算を受け、同社は10/3期業績予想を売上高300億円、営業利益60億円、経常利益80億円、純利益40億円、それぞれ増額した。(鹿野 昌宏)

【提供:TIW

【関連記事】
ファンケル(4921) 3Qは全セグメント黒字化達成
ライオン(4912) 09/12期は営業最高益更新、10/12期も同水準を計画
ラウンドワン(4680) 出店を絞り込み既存店の立て直しを進める方針
キッセイ薬品工業(4547) 主力2剤と新製品で腎・泌尿器領域が拡大

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5