MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日揮(1963) 受注環境が好転してきた

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/17 15:00

<株価には上値余地があろう>
ここにきて受注環境が好転、09年12月末の受注残は過去最高の1兆1,516億円となり、同年3月末の受注残を64%上回った。この先も世界各国で大型プロジェクト案件が目白押しであり、受注はさらに強含みで推移すると見られる。株価は、11/3期以降の業績の伸びを織り込むかたちで、上昇が期待できるだろう。
<10/3期の利益予想を上方修正>
プラント受注は昨年秋以降、リーマンショックの余波で延期されていた案件が再開の方向にある。このため、3Q累計(4-12月)の受注高は通期計画の7,000億円を上回る7,241億円(前年同期比23%増)に達した。なお、10/3期の業績予想については、中間決算時より売上高200億円減額も営業利益45億円、経常利益50億円、純利益30億円、それぞれ上方修正した。(鹿野 昌宏)

【提供:TIW

【関連記事】
鹿島(1812) 海外大型工事の損失リスクは大手4社の中で最も大きい
三井不動産(8801) オリエンタルランド株式の売却益によりB/Sのリストラを図るとみられる
J-POWER(9513) 発電源の多様化、海外発電事業の拡大を推進
エフピコ(7947) 増配発表。製品差別化を一段と推進

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5