MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日本電気硝子(5214) FPD用基板ガラスが好調、10/3期、11/3期ともに増益見通し

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/17 15:00

<11/3期予想PERで見れば、上昇余地があるだろう>
株価は決算発表後、上値の重い状況である。市場全体の地合い悪化も影響しているだろう。指標面で見れば、TIW予想EPSに基づく11/3期予想PERは8.5倍である。上昇余地があるだろう。
<10/3期は大幅増益見通し>
10/3期3Q(10〜12月)は前年同期比、2Q(7〜9月)比ともに増収増益だった。通期業績の会社計画を公表し、大幅増益見込みとなった。FPD用基板ガラスの販売数量が増加し、生産性改善効果も寄与する。会社見通しの上限値を上回ることも期待され、大幅増益となりそうだ。
<11/3期も増収増益を予想>
11/3期は、FPD用基板ガラスの数量増加ペースが期後半に向けて鈍化するが、高水準を維持すると考えられる。販売価格の下落や減価償却費の増加も予想されるが、数量増加効果や生産性改善効果で吸収可能だろう。増収増益を予想する。(水田 雅展)

【提供:TIW

【関連記事】
生化学工業(4548) 新製品「Gel-200」が不承認となり先づまり感
昭和電工(4004) 会社側10/12期業績予想は保守的だろう
日揮(1963) 受注環境が好転してきた
鹿島(1812) 海外大型工事の損失リスクは大手4社の中で最も大きい

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5