MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【ギョーカイ裏話】兜町では期待と不安が交錯 第一生命上場で投資家は儲かるのか

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/09 10:00

4月1日、東証にウルトラビッグなIPO(新規公開)が登場する。銘柄名は「第一生命(証券コード8750)」、誰もが知る生命保険会社である。同社の売り出し価格は1株15万円。はたしてこの公募株は「買い」なのか?(バックナンバーはこちら)

国民的イベントの第一生命IPO、上場日は4月1日

 4月1日、東証にウルトラビッグなIPO(新規公開)が登場する。銘柄名は「第一生命(証券コード8750)」、誰もが知る生命保険会社である。

 総資産・保有契約高はかんぽ、日本生命に次いで国内3位、保険料収入は国内2位。IPOとしては「10年に1度の大物」といわれ、ひさびさのビッグイベントを控えてか、多くの市場関係者が浮き足立っているようなのだ。

 超大型といわれるのはそのサイズで、公開規模は1兆円を上回る(売り出し価格は1株15万円前後で、売り出し株数は最大720万6170株)。

 最近の超大型IPOといえば、2006年11月のあおぞら銀行、2007年10月のソニーフィナンシャルホールディングスが思い出される程度で、これらでも公開規模は4000億円にも届かない。過去に遡っても、1987年2月のNTTの第1回売出(公開規模約2.2兆円)、1998年10月のNTTドコモのIPO(同約2.1兆円)に次ぐ規模である。

 このIPOが株式市場にもたらす効果としては、さまざまな声が聞かれる。まず、第一生命の株主数の多さによる裾野拡大の効果だ。

 第一生命の特徴は、「株主数の多さ」にある。少なくとも150万人といわれ、これは大和証券の全口座数並みだ。日本最大の株主数を誇るNTTでも100万人強のため、上場企業中でダントツとなる。保険契約者に株式が割り当てられる形のため、これまでこれっぽっちも株に関心を持っていなかった層が、半ば強引に「投資家」にさせられる(証券口座を開設させられる)。

 主幹事は野村證券で、大半が野村に口座を開くことになるが、今回は幹事証券会社が総計26もある大連合軍(外資系含む)であり、シェアの低い中堅系証券(岡三、アイザワ、水戸、東洋、丸三など)にとっても顧客基盤を広げるチャンスであることは間違いない。

 また、経済効果を指摘する声も聞かれる。というのも、今回のIPOで、契約者の懐には現金と株式の合算で1.5兆円規模のマネーが流れ込むことになる。これは、昨年の定額給付金の2兆円に近いインパクトで、景気刺激策としても強烈な効果が期待されるというわけだ。第一生命のIPOは国民的に歓迎ムードといっても良いイベントである。

第一生命を「絶対買わないといけない」投資家が存在する

 初値については、想定売出価格を15万円として「20万円近辺」がコンセンサスとなっているようだ。さすがに超大型ということで、「新興株のIPOのように急騰する展開は期待薄」とのこと。

 ただ、過去の大型IPOはうまくいっているケースが多い。歴代の超巨大IPOの初値パフォーマンスは良好で、過去最大のNTTの第1回売出(公開規模は約2.2兆円)で、初値騰落率は+34%、2位のNTTドコモ(同2.1兆円)は同+18%だった。

 また、生保のIPOとの観点でみても、大同生命(同1700億円)が同+19%と好発進を切った経験則がある。初値そのものについては「売出価格より高く付く」との見方が優勢とのことである。

 問題は、初日に初値が付いて以降、翌日からの値動きがどうなっていくかだ。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 真行寺(シンギョウジ)

    兜町の人脈拡大を真面目に行なっている。金融業界の裏事情に精通し、一部のファンから熱烈な信頼を受けている。

     

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5