MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

住友金属鉱山(5713) 資源メジャー目指す/資産価値に注目

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/29 18:00

<株価は割安と判断する>
新中期経営計画で、更に川上の鉱山事業への進出を発表。実現すれば、わが国初のビジネスモデルとなる。TIWでは貸借対照表に現れない、資源価値を高く評価している。現在の同社の株価水準は割安であると判断する。資源価値をプレミアムとして上乗せできると考える。
<市況上昇の恩恵を最大限享受>
10/3期の経常利益は800億円(前期比2.46倍)と会社計画の750億円(同2.3倍)を上回るとTIWでは予想する。収益柱であるニッケル市況は会社想定(10年1-3月)の8ドル/ポンドを上回る水準(足元では10ドル/ポンド台)で推移していることが主因。なお、ニッケル市況が1ドル/ポンド上昇すると年間110億円の経常利益押し上げ要因となる。
<資源価値は5兆円程度>
同社が出資する海外鉱山の資源価値は5兆円程度。内訳は銅が2兆円強、ニッケル2兆円弱、金1兆円程度。10年2月15日のデータをもとに、埋蔵量に出資割合を加味して足元の市況を使ってTIWが試算した。なお、同社の時価総額は1兆円に満たない。(溝上 泰吏)

【提供:TIW

【関連記事】
三菱ガス化学(4182) 業績の回復は12/3期以降との見方には変わりない
「再び動き始めた自動車業界の合従連衡」 -高田 悟-
任天堂(7974) 「ニンテンドー3DS」の寄与により業績は拡大すると見込む
フロンティア不動産投資法人(8964) POによる外部成長期待はかなり投資口価格に織り込まれたと考える

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5