MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【ギョーカイ裏話】「株価が上がれど証券マンの暮らし楽にならず」のワケ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/04/03 16:30

3月末に日経平均株価が2008年10月以来約1年半ぶりに11000円台に回復した日本株市場。株価が上昇すると証券会社も儲かるものだが、今回は事情が少し違うという・・・。(バックナンバーはこちら)

日本株市場は寝ている間に育つもの

 強い動きが続く日本株市場。日経平均は、1月15日に付けた高値10982円を一気に更新し、2008年10月以来となる11000円台に乗せた。昨年の安値(7021円)からは4000円以上の上昇ということで、この上げ幅だけ見ると、乗り遅れた投資家は「安値で仕込んだ人はさぞかしウハウハなんだろうな」と妬ましい気持ちになっていることだろう。

 しかし、現実はそれほど甘くはない。ここに面白いデータがある。日経平均の推移を、指数として売買できる「日経225先物」で検証してみた。期間は昨年の底を打った3月10日の終値6980円から、今年の3月末までである。

 この間、日経225先物は実に4140円もの大幅な上昇を果たしている。1年ちょっとで59%も指数は上昇している計算となり、まさに「復活相場」と呼ぶにふさわしい上げっぷりだ。しかし、この上昇を分析してみると、上がったのは「夜の頑張り」によるものだったことが分かる。

 以下は、この期間中(2009年3月10日~2010年3月31日)の日経225先物の「海外要因での上昇幅(当日始値―前日終値)」と「ザラ場の上昇幅(当日終値-当日始値)」をそれぞれ合算したものである。この「当日始値-前日終値」というのは、日本の市場が引けてから、翌日の市場が開くまでの上昇幅で、ローソク足でいえば寄り付きに空ける「窓」に相当する部分だ。

 この海外要因、時間帯でいえば「夜間」の上昇幅を合算すると、「+4330円」だった。それに対して、日本の国内要因、時間帯でいえば「昼間」の上昇幅を合算すると「▲190円」。

 これらのトータルで結果的に4140円上昇したという話なのである。つまり、海外要因(ニューヨーク市場や欧州株式市場の動向、為替推移など)を原動力に上がった上昇相場だったわけで、日本株の取引されている9時~15時10分(大証の場合)でこの上昇相場を見れば「単なる下げ相場」だったともいえるのだ。簡単にまとめるなら、「夜上がって昼下がった」「日本人が寝ている間に上がって、日本人が起きてから下がった」といったところである。

 これが意味するところは、これだけ上昇した1年間において、株の売買で儲けたと考えられるのは(買いで入ったと想定した場合)、株を買って持ったまま次の日を迎えた投資家ばかりだったことがわかる。

 世にいうところの「短期売買」を主流にしている投資家は、1年間株の売買を何度繰り返したとしても、指数の値動き上は儲からなかったといっても過言ではない(繰り返しになるが、4000円以上も日経平均が上昇した1年間におけるザラ場での上昇幅は▲190円なのだ)。

株価が上がろうが兜町に活気なし!?

 短期売買で儲からない相場となると、出来高、売買代金が低下していく。ザラ場で儲からないから、相場の方向性を予想してポジションを持つという行動に変化していくためだ。

 実際、東証1部の売買代金は、一昨年の11月をピーク(当時は連日2兆円以上の出来高をマーク)として、「月に1度2兆円になればいい」程度まで落ち込んでいる。

 こうなってくるとダメージを食らうのは、短期投資家の他にもいる。それが証券会社のリテール部門やディーラーだ。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 真行寺(シンギョウジ)

    兜町の人脈拡大を真面目に行なっている。金融業界の裏事情に精通し、一部のファンから熱烈な信頼を受けている。

     

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5