MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

森精機製作所(6141) 11/3期計画は黒字化目標と高いハードルだが、達成可能と見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/05/12 15:00

<市場平均を上回る株価展開を予想する>
TIWでは市場平均を上回る株価展開を予想する。その理由は(1)4Q(1-3月)で早期希望退職を実施する等ひとまず利益面で改善が見込める状況が整って来た、(2)ギルデマイスター社(DMG社、独)との提携推進により各地域で共同体制を構築し始めており、11/3期では提携効果による拡販・コスト削減といった更なる業績改善が期待出来る、などによる。
<DMG社との提携効果が出始めた>
10/3期業績は売上高664億円(前期比58%減)、営業利益▲269億円(前期は59億円)となった。計画比では売上高14億円、営業利益が10億円上回った。4Q受注高は253億円(3Q[10-12月]比36%増)とリーマンショック直後(09/3期3Q)を上回る水準まで回復。3月単月で黒字転換を果たすなど通期黒字化実現が視野に入り始めた。10/3期ではDMG社との共同販売・サービスを一部地域で開始したほか、調達費では10/3期で25万ユーロの削減効果があり、11/3期は10/3期以上の提携効果が見込まれる。
<11/3期TIW予想を会社計画並みに上方修正した>
11/3期計画は売上高1,080億円(前期比63%増)、営業利益10億円と黒字化を目指す内容。TIWではDMG社との提携効果が出始めたことを踏まえ、従来の11/3期営業赤字予想を見直し会社計画並みに上方修正した。今後12/3期に向け回復基調が続くと予想する。リスク要因は、DMG社との共同体制構築の遅れ、中国事業展開の遅れ、急激な為替変動など。(高辻 成彦)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。
http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
住友金属鉱山(5713) 資源価値を考慮すれば割安と言えよう
日本電工(5563) 会社計画を上方修正するも依然保守的と思われる
塩野義製薬(4507) 業績の主柱であるロイヤルティ収入は今しばらく持続しそうだ
モスフードサービス(8153) 10/3期の営業利益予想は2度増額修正されてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5