MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

株価下落を過度に恐れることこそ危険 恐怖心を解放し平静を保つために必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Heyward[著]
2010/05/26 09:00

安く買って高く売らなければ勝てないのが相場。それは分かってはいるものの、安くなると怖くて買えないのが投資家です。(バックナンバーはこちら)

広がる不安心理

 日経平均は4月5日高値1万1408円を天井として軟調な展開が続いています。

 ユーロ問題、金融規制等を取り上げ、個人投資家の一部からは、株式市場に対して悲観的な見方が広がりつつあります。米株の乱高下を受けて東京株式市場は大きいギャップを伴った寄り付きが多く、日々値動きが激しくなり、下値を切り下げていることも、株式市場の先行きに対し不安を抱きやすくさせているのでしょう。外部環境に対する不安に加え、個人投資家の懐具合が痛んできていること(含み損)も、不安心理に拍車をかけているようです。

 市場からは、日経平均9000円の声も聞こえてきました。下振れを警戒すべき局面であり、不安になるのも無理からぬところです。とはいえ、過度な不安に陥るのはどうなのでしょうか?

5月18日時点では、まだ中期トレンドラインは崩れていなかった

 先ずは段階的に5月18日までを見てみましょう。4月5日から約1ヶ月半で1000円超下げたとはいえ、この時点では、まだ5月7日安値、週足基準線、月足転換線、昨年3月安値→11月安値を結ぶ上昇トレンドラインなどの中期的な節目が密集する日経平均1万200円レベルを明確に割り込んだとは言えない状態でした。短期では崩れた形になっていましたが、この時点では中長期トレンドは依然上向きだったのです。

 市場では想定外と言われるような株価乱高下が年に2回程度は起こると一般的には言われています。日経平均1万200円レベルまでは「想定される想定外の下げ」の範囲内と見ることもできたのです。

 しかし、この崩れたと言えない状況でも、一部の投資家からは日経平均9000円レベルを視野に入れた下げを想定する声が聞かれていました。崩れる前に、さらに下を想定する(下落余地を大きくみる)ということは、万が一に対しての備え、資金管理という点では正解であり必須と言えます。

 ですが、想定と準備を通り越して、崩れてもいないのに、さらにはるか下を想定して「手掛ける」のはいかがなものでしょうか。(今回は結果として、それは正解となりましたが)妙な心理的バイアスがかかっていた可能性はないのでしょうか。

なぜ投資家は下落余地を大きく見すぎることがあるのか

 下落余地が大きいと考える主な原因を考えてみましょう。(次ページへ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5