MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

欧州財政不安が止まらない
とうとう長期投資家もユーロに見切りか

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/05/25 17:30

ギリシャ問題から飛火した欧州の金融不安が広がる中、為替相場ではユーロの下落が続いている。

始まった「ユーロ離れ」

 ギリシャ危機を材料とする短期投機筋の「ユーロ売り」でユーロが大きく下落している。ここにきて短期投機筋だけではなく、長期投資家もユーロを売り始めたようだ。

 5月に入りECBとIMFによるギリシャへの緊急支援策がまとまった。ユーロはいったん値を戻したものの、その後じり安が続いている。短期投機筋が相変わらずユーロを売り続けているのに加えて、市場ではある投資家の売買行動の変化が注目を集めた。

「ユーロ買い」から「ユーロ売り」へ

 その投資家とは、いわゆる国の外貨準備を扱う機関で、国によっては中央銀行であったり、別の国ではソブリン・ウェルス・ファンドと呼ばれたりしている投資家だ。彼らは「長期投資家」であり、リアル・マネー投資家の代表例でもある。

 昨年末からのユーロの大幅な下落の中で、彼らはユーロを買い続けていた数少ない投資家だった。彼らは自分たちで投資目標となる基本ポートフォリオを設定し、そのポートフォリオを目標に投資を行う。そのため、価格の下落などの市場変動により、投資資産の割合にずれが生じた場合、割合が減少した資産を購入する必要が生じる。つまり彼らの投資行動は基本的に逆張りとなる。

 その投資家の「行動パターンが変わった」という話が伝わってきた。ユーロが下落しても買い増しを行わなくなったそうだ。買い増しを行わなくなったとすれば、その理由の1つとして考えられるのは、「基本ポートフォリオの見直し、ユーロ比率の低下」となる。

早期の解決を希望するが前途多難

 1999年ユーロ導入当時、1ユーロ=1ドル程度であったユーロの価値だが、ユーロ参加国の増加などによる信認の向上、長期投資家のユーロ買いなどで約1ユーロ=1.5ドルまで上昇した。

 今回、ギリシャ問題でユーロの信認が失墜している。もし本当に長期投資家がユーロを売り始めているとすると、ユーロ相場は大きく逆回転し、1999年当時の水準まで戻ってしまう可能性がある。

 不安定なヨーロッパの財政問題は、回復途上の世界経済にとって脅威となる。それに加えてスペインで金融機関の不良債権問題や韓国北朝鮮の軍事対立の話まで出てきて、不安定だった市場がますます不安定になっている。しばらくリスクの高い状況が続く可能性が高いだろう。市場はネガティブニュースに対して非常に敏感になっている。このような状況では無理な投資は行わず、事態が好転するのを待ちたい。

【関連記事】
ユーロ暴落の真相 ギリシャ危機の背後にヘッジファンドの影
ギリシャ危機はいつまで続くのか 歴史の教訓からその答えを探る
トヨタの方が日本より安全という事実 債券市場で生じている大変革の中身
「金持ちは海外逃亡、物価上昇が年金生活者を直撃」 財政破綻後の日本をシミュレーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5