MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

iPadの普及で読者家の悩み解消へ
100円で本1冊スキャンしてくれるサービスも登場

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/06/05 14:00

アップル社の「iPad」の売れ行きが順調だ。同時に様々なサービスが登場しているが、読者家に注目されているのが書籍をスキャンしてくれるサービスだ。

 気軽にインターネットや電子書籍を読むことができる情報端末「iPad」の誕生で、一部のユーザーから注目されているサービスがある。それが書籍をPDF化するサービスだ。

 読書好きのユーザーにとって、従来の紙の書籍で問題となっていたのが大量の在庫の発生。人によっては本棚に入りきらず部屋の中が本で埋め尽くされているケースも少なくなく、読み終えた本をどう保存しておくかが悩みの種となっている。もう二度と読まない本ならば処分してもいいが、もう一度読みたい本や、資料として保管しておきたい本もあるので、読者家にとっては本の在庫が意外と深刻な問題となっているのだ。

 しかしiPadの登場によってこの悩みが解消される可能性が出てきた。大和印刷は4月に、1冊100円で書籍をPDF化するサービス「BOOKSCAN(ブックスキャン)」の提供を開始した。

 このサービスは、書籍を1冊100円で裁断し、スキャナーで読み取った後、PDF化するというもの。利用者はサイトから会員登録後、書籍を同社まで送付すると、1ページづつスキャン、全ページPDF化してもらえ、データはメールもしくはCD-R/DVD-R形式で納品される。裁断後に読み取り完了した書籍は、廃棄処分される。

 驚きなのはその値段だ。スキャン料金自体は1冊あたり100円と予想以上に安価だ(CD-Rなどで納品する場合は別料金)。これまで個人用の断裁機を購入し、自宅で1ページずつスキャンしていたユーザーもいたが、これはなかなか手間のかかる作業であった。しかし「BOOKSCAN」のようなサービスが開始されたことで、まだ読んでいない本や資料として保存しておきたい書籍は、今後はiPadなどに保存し、手軽に読むことができる。

 今後新たに発売する本は電子書籍として購入できる比率が上がっていくと思われるので、読書家の在庫問題は徐々に解消されそうだ。

【関連記事】
敵も味方も多い「王様アップル」の強気なブランド戦略
iMac、iPod、iPhoneと次々に主役が交代し活躍 アップル「魔法のビジネスモデル」を解体
携帯キャリア3社の社員の給料を一挙公開 一番年収が高いのは意外にも・・・
「スーツ2着目1000円」のビジネスが成り立つ驚きのカラクリとは

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5