MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ニンテンドー3DS発表で株価はどうなる?
すべてのゲーマーのニーズを満たす救世主か

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 E3で任天堂からニンテンドー3DSが発表された。今回は3DSの概要と方向性について述べ、再びDSやWiiのような社会現象を巻き起こす可能性について考えてみたい。

ニンテンドー3DSの概要:アナログ感を残しつつ、3D写真の撮影も可能に

任天堂 E3 2010 情報より

 液晶画面は上が3.53インチで裸眼3Dが可能。800×240ピクセルで、横の800ピクセルを右・左目用にそれぞれ400ピクセル割り当てることで立体視を実現している。操作系入力では、十字キーに加えて、スライドパッドが追加され、アナログな操作感が実現されるもよう。

 また、モーションセンサー、ジャイロセンサーも搭載しており、本体自体を動かして操作することも可能。ボタンについてはDS同様、A・B・X・Yの4つと、背面のL/Rという構成。カメラの設置場所は内側と外側でDSiシリーズと同様だが、外側のカメラは2つ並んで設置されており、3D写真を撮影することが可能だ。

ニンテンドー3DSは、ネットワークの強化で携帯電話向けゲーム同様に?

 Wi-Fi通信に関しては、ハード自体が自動通信をサポートしており、Wi-Fiアクセスポイント経由でインターネットを利用した通信も可能。これらのサービスは無料で提供される予定。Wi-Fiアクセスポイントが充実している場所においては、「常時無料通信」が可能になることから、携帯電話向けゲームと同様の遊び方が実現される可能性もあろう。

 さらに、自動通信によって、ファームウェアのアップデート等がDSシリーズよりも容易に可能になることから、違法ソフト対策等のセキュリティ面でも効果がある可能性があろう。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5