MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ぐるなび(2440) 戦略的経費の効果に疑問符、株価の上昇は先となろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/06/30 15:00

<新規カバレッジを開始する>
TIWではグルメ情報メディア「ぐるなび」を運営する同社の新規カバレッジを開始する。11/3期の営業減益見通しを嫌気して株価は下落基調にある。指標面からは割安感も感じられるが、成長期待が薄れてきているため株価の上昇は先のことになると考えられる。  
<11/3期は大幅減益へ>
11/3期の業績は営業人員の強化など戦略的経費13億円を投じることもあり大幅減益となる見通しである。10/3期4Q(1-3月)に加盟店舗数が減少した。外食産業は市場が停滞していること、家計消費に占める外食への支出が横ばいであること、飲食店の月商が前年同月を割るトレンドが続いていることなどから加盟店舗の潜在需要は一旦ほぼ取得したと考える。
<売上高の伸び率は低下しよう>
マンパワーを活かした同社の強みは発揮されないと見て戦略的経費の投資効果をTIW業績予想へはほぼ織り込んでいない。従って同社の売上高の伸び率は低位に留まると予想する。なお、12/3期に2桁の営業増益になると我々が予想しているのは、戦略的経費の反動減などを理由としている。(鈴木 崇生)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
トピー工業(7231) 11/3期は大幅増益を計画、足下は建設機械向けが好調な模様
ブリヂストン(5108) 販売数量が上向き通期計画を上方修正
サッポロホールディングス(2501) 酒類・飲料事業で収益構造改革進む。不動産の含み益表面化も注目材料
豊田合成(7282) 自動車部品は足下堅調、LEDは能力を増強シェア拡大を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5