MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

まるで世界的「狼少年」ラッシュ
こんな時代だからこそ気骨のある経営者に投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/11 10:30

株式投資で投資家が買うべきは株価ではない。人、つまり気骨のある経営者なのである。(バックナンバーはこちら)

世界的「狼少年」の時代

 イソップ童話に狼少年の話がある。村外れで狼を警戒していた少年が退屈しのぎに、ある時「狼が来たぞ」と大声で嘘を吐く。村の大人たちの驚く様子を見た少年は、面白がってその後何度も嘘を吐く。

 その少年の度重なる嘘にもう騙されないぞと村人が少年を信じなくなった時に、本当に狼がやってきて散々な目に遭ったという話だ。

 これは童話の中の話だが、いまの世界経済や金融、そして各国の対応など見ていると、まるで狼少年ラッシュになってしまったようだ。

 いたるところで「狼が来る」という叫びが聞こえ、その度に市場は大きく動揺しうろたえる。人々は安全を求めて逃げ出すから、本来買われるはずのない日本円まで買われたりもする。

 先進国はもう駄目だ、これからは中国だと叫べば、また一斉に中国ブームが高まるし、それを見た無定見などこかの首相は「G8に中国も入れてはどうだ」とサミットで発言し「こいつは馬鹿か」と無視される始末。

 市民運動上がりの首相が率いる国の通貨が強くなるなんて、どこかおかしいと思うのが筋だろう。通貨は本来一国の富や成長をベースとして強さが決まるもの。その過程ではおかしなことが起きるが、長期的には通貨の弱い国と強い国がハッキリ分かれてくる。

 いま狼少年は「財政再建しなければ第二のギリシャになる」と、日本のみならず欧州あたりでも大声で叫んでいるようだが、いつの間にやら「これからは中国だ」とこれまた狼少年が叫んでいた中国が何やら怪しくなってきた。

「今年中に中国のGDPは日本を抜く」という、もはや既定の事実とされていたことも、ここにきて中国の株価の下落などから危ぶむ声も出てきている。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 三原 淳雄(ミハラ アツオ)

    激動する内外経済の今後を展望し、対応を説く経済評論家。1937年満州国チチハル(現・中国)生まれ。九州大学卒業後、日興證券に入社。企業派遣によるノースウェスタン大学経営大学院留学、スイス銀行チューリッヒ支店勤務などを経て、ロスアンジェルス支店長。1980年から評論活動に入る。近著に『金持ちいじめは国を滅ぼす』(講談社)など。TV東京「News モーニングサテライト」 隔週月曜日(AM5:45~6:45放送)のゲストとして出演中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5