MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

DAオフィス投資法人(8976) 今後、期待されるDPSの回復は概ね織り込まれたと考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/23 18:00

<DPSの回復は概ね織り込み済みだろう>
旗艦ビルの「新宿マインズタワー」から大口テナントが退去したことや、旧スポンサーの信用力が低下する過程で借入コストが増加したり、物件売却による借入金返済により低レバレッジになったため、DPSの水準が非常に低くなっている。これらの要因が平常化することで、中期的にDPSは6,000円水準までの回復が可能と考えられる。その場合、分配金利回りは5.9%程度となる。投資口価格は、今後のDPSの回復を相当程度織り込んでいるといえよう。
<賃料の減額改定は11/5期で一巡する見通し>
「新宿マインズタワー」の空室の埋め戻しは進展しているが、6カ月程度のフリーレント期間を設けていることや、他のビルで賃料下落が継続しているため、10/11期(6-11月)、11/5期(12-5月)のDPSは非常に低迷する見込み。賃料の減額改定は11/5期で概ね一巡するとみられることや、「新宿マインズタワー」におけるフリーレント期間明けなどから、11/11期(6-11月)以降の業績は回復に向かおう。(堀部 吉胤)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
エービーシー・マート(2670) 株価に割安感が出てきた
カッパ・クリエイト(7421) 11/2期は会社計画の未達を予想するも利益水準は高い
しまむら(8227) 11/2期1Qは利益面で計画を上回った
日本オラクル(4716) 特にサプライズのない11/5期の会社計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5