MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日本株が安いと思っているのは日本人だけ
外国人が「割安デハナイ」と考える理由

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/08/22 10:00

今の日本株市場の状況を外国人投資家目線で評価すると、どのような状態なのだろうか。(バックナンバーはこちら)

プロでも「利益は通常の5分の1程度」

 日本の株式市場は売買高が低調で、盛り上がる気配すらないように思われてならない。売買高が少ないということは、株式市場を取り巻く市場関係者たちはヒマというわけで…。ここで取り上げるネタも枯れているというのが本音である。

 売買高が低調なだけでなく、指数のパフォーマンスも悪いものだから、動かしていない株式の残高もジワジワと目減りするばかり。低位の材料株、テーマ株の短期売買をゲリラ的にこなして、驚異的なパフォーマンスをあげている投資顧問もあるようだが、これは特殊な例だ。一般の投資家がアクティブに動いて儲かるような生易しい相場ではない。

 実際、短期売買のプロであるディーラーですら、苦しみ喘いでいるようだ。ある国内系ディーラーによれば、「月間で1000万円を稼ぐような現物株のスーパーディーラーは、少々の悪い相場でも存在していた。でも、そういったディーラーが、今では5分の1の200万円程度の利益しか稼げなくなっている」という。

 利益の水準としてはだいたい5分の1といったレベルが相場のようだ。「前半に被ったマイナス分を後半は取り返す作業で、プラスになった瞬間取引を止めてしまうような保守的な感じがほとんど」といい、こういった状況は、ほとんど例外なくどこの証券会社のディーラーでも起きているそうだ。

外国人にとって日本株は割安デスカ?

 そもそも、このご時世において、現物株の売買だけで儲けようと考えるのは時代遅れといえるだろう。8月よりFXにレバレッジ規制が入り、日本の業者はレバレッジ50倍が限度となった。

 ハイレバレッジ志向でやってきた一部の投資家を除けば、50倍以上のレバレッジで回していた投資家自体が少数派。規制後でもFXのレバレッジ50倍は魅力である。また、大証の日経225先物もレバレッジは20倍強であり、ミニ先物1枚でも4万円程度の証拠金で92万円程度のポジションを持つことが可能となる。

 こういった投資商品は流動性も極めて高い。一方で、流動性が低く、かつ信用取引でも3倍、そうでなければレバレッジ1倍の現物株市場に人気が高まるわけもなく、負のスパイラルのまま現物株はジリ貧となる公算が大きいのではないだろうか。とくに、完全にそっぽを向かれている新興市場は終わっている。日本人の日本株離れに歯止めがかかる日は来るのだろうか?(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 真行寺(シンギョウジ)

    兜町の人脈拡大を真面目に行なっている。金融業界の裏事情に精通し、一部のファンから熱烈な信頼を受けている。

     

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5