MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ディズニーの高級リゾートを50年間無料利用
夢のようなシステム「タイムシェア」とは

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/08/22 10:30

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは、千葉県浦安市の商業施設「イクスピアリ」に、世界中のディズニーホテルと高級リゾート施設を好みにあわせて利用できる「ディズニー・バケーション・クラブ」のショールームをオープンさせた。

 ディズニー・バケーション・クラブは、ディズニーが所有するリゾート施設の不動産所有権を購入すると、50年間にわたり、世界中のディズニーのリゾート施設に無料で宿泊できるというもの。

 これは「タイムシェア」と呼ばれるシステムで、購入した所有権は不動産登記されるため、資産としての価値もある。日本ではあまり知られていないシステムだが、ハワイなどのリゾートでは、リセール市場まで形成されるなど、知名度は高い。

 通常の「タイムシェア」は、ホテルの部屋の所有権を複数の人が購入し、それぞれの都合に合わせて共有使用する。一方、大手ホテルチェーンなどが販売するタイムシェアは、権利をポイントとして付与することで、世界中のリゾート施設を利用可能にしている。「ディズニー・バケーション・クラブ」もこれに近いシステムを導入しており、世界中のディズニーホテルとリゾート施設を使う事ができる。

 気になるのはその価格だが、購入する不動産によって異なる。例えば、ディズニー・アニマルキングダム・ヴィラの不動産所有権を現金で購入する場合、一括払いの購入価格が17,920ドル(約154万円)、契約手数料が約345ドル(約3万円)、初年度の年間管理費が792ドル(約7万円)。

 このタイプのタイムシェアを購入すると、年間160バケーション・ポイントを受け取ることができる。53バケーション・ポイントあれば、9月の週末(金曜~日曜)に、アメリカのディズニー・ボードウォーク・ヴィラのデラックス・スタジオで3泊することが可能となる。ディズニー・ボードウォーク・ヴィラは、一泊およそ2万円なので、3泊すれば6万円。このケースで単純計算すると、160ポイントは約18万円に相当する。160ポイントを50年間、毎年受け取ると計算すれば、手に入れることができるのはおよそ800万円分の特典だ。これなら、年間の管理費を足しても、十分元が取れそうだ。

 このバケーション・ポイントは、それぞれの旅行プランにあわせて、繰り越しや前借りもできるという。「世界各地のディズニーリゾートを訪れてみたい…」、という夢をお持ちの方にとっては、このタイムシェアはいい買い物になるかもしれない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5