MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

国民的人気の「チロルチョコ」がさらに進化
美容と健康がテーマのフレーバーも登場

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/09/04 17:30

誰でも一度は目にしたことがある定番のお菓子「チロルチョコ」、値段は変わらないが、その味は進化し続けている。

 チロルチョコ株式会社は8月30日、美容と健康をテーマに開発した「美肌チロル」(168円/9個)を全国のドラッグストア限定で、発売を開始した。ビタミンCを200mg含んだレモン味の「ビタミンレモンチョコ」(5個)と、100mgのコラーゲンが入った「コラーゲンピーチチョコ」(4個)がセットになっている。

 これまでにもチロルチョコは、さまざまなフレーバーが開発されており、そのたびに話題となっている。もともとチロルチョコは1962年、当時高級だったチョコレートを子どもたちが手軽に買えるようにと考案され、1つ10円という価格で発売され人気となった。元祖チロルチョコは、3つ山がつながった細長いものだった。「チロル」の名は、当時の松尾社長がチョコレートを作るにあたって訪れたオーストリア西部のチロル州から採られたという。その後、オイルショックでコストがかさみ、一時30円まで値上げされたが、1979年には3つ山を切り離した、現在の原型となる正方形のチロルチョコが誕生し、再び10円に値下げされた。

 2003年には、きなこもちフレーバーが大ヒットし、宇治まっ茶やイチゴ大福などの和風味から、ロイヤルミルクティやオランジェなど洋風タイプも登場。2008年には少年サンデー、少年マガジンの創刊50周年を記念したコラボレーションも行っている。

 また、コンビニエンスストアなどでは20円のやや大きめのものが売られている。これは、包装紙にバーコードを表示する必要があるためであり、バーコード管理が不要な駄菓子屋などでは、従来と同様の10円のものも販売されている。

 年代を問わず愛されるチロルチョコには、さまざまな話題が詰まっている。チョコの上部に描かれた模様も、風車をイメージした定番から、車、時計、ロケットなど、種類によって異なっているという。パッケージを開けた際に、チェックしてみては。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5