MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

山本有花推薦「初心者でも勝率高まるツール」 カリスマトレーダーへの登竜門コンテスト開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/09/13 14:00

急激な円高傾向が続く現在は、相場の展開が読みづらいトレード環境にあります。そこで今回は特別編として、そんな状況でも勝率を高められる「スキャルピングツール」を紹介します。このツールを使いこなせば、あなたもカリスマトレーダーになれるかも!?(バックナンバーはこちら)

リスクを軽減するなら短時間の売買で

 9月に入って円高傾向は一服すると思われていたのですが、いまだにこの傾向は続いています。口先介入もなされていますが、円安方向に動くのも一時的で、その効果も限定的です。しかし、いつ実際に介入が実施され、円安に変わるかわかりません。

 このように、「いつ?」「どうなる?」といったことが予想しづらい相場では、長期にわたってポジションを保有することはリスクが大きいと考えられます。リスクをなるべく減らすためには、ポジションの保有期間、あるいは時間をなるべく短くすることが重要なポイントになるでしょう。

 しかし、「保有する時間が短すぎてスプレッドを差し引いたら利益がなかった」というのでは、取引する意味がありません。利益を出しつつも、さらになるべく保有する時間を短くするのが今のFXで成功するコツになるのです。

「スキャルピングトレード」は初心者でもできる

 デイトレードのなかでも小さな利幅を狙って、短時間で売買を繰り返す「スキャルピングトレード」は、利益が小さいかわりに、リスクも小さくするために考えられた取引手法です。

「スキャルピングトレード」と聞くと、プロのトレーダーが行っている近づきがたい方法にも思えかもしれませんが、値動きが急激な為替では、長期トレードやスイングトレードよりもかえってリスクが小さく、初心者でも十分に使いこなせる方法だと思います。分析があまり得意ではない初心者が、長期トレード、あるいはスイングトレードをすることは、ある意味、博打のようなものです。

 とはいえ、「単に短時間で売買すれば簡単に儲けられる」ということでもありません。分析をして予想にもとづいた取引をしなければ、たとえ短時間の保有であっても、それは博打と同じです。分析や予想をした上で判断するという点では、長期トレードなどと同様だということを忘れないでください。

判断力を高めてくれる「スキャルピングツール」

「スキャルピングトレード」のような短時間トレードでは、判断力が重要です。しかし、初心者には、なかなかむずかしいかもしれませんね。「うーん、今かな?」と悩んでいるうちに、「あー、チャンスを逃した」といった経験は、誰もが身に覚えがあるかもしれません。「今が買いだ!」「よし売ろう!」とすぐに判断できるのなら、とっくにFXのプロになっていますよね。

 しかし、そんな初心者でも判断力を高める方法があります。(次ページへ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5