MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「3人紹介でタダ」から「就職セミナー」まで
広がるフラッシュマーケティング

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/09/18 14:30

TwitterやSNSを使って急速に伸びてきたグルーポン系事業は手を変え品を変えさまざまなサービスが増加中だ。

 Twitterなどの流行で勢いを増しているフラッシュマーケティング手法を使用したグルーポン系サービス。日本では4月ころから急速に流行りだしたが、今では50ほどの共同購入クーポンサイトが乱立し、これからも新参入が増える模様だ。

 各サイトは扱うクーポン内容に特徴を出し、差別化を図っているものが多い。変わったところではキャバクラやクラブなどに特化したクーポンサイトも存在する。また異業種交流会のパーティ系チケットをクーポンサイトで取り扱うなどサイトの増加に伴い、実に様々なサービスが登場し始めているようだ。

 例えばTwitterのフォロワー数がクーポンサイト内で国内1位の「TOKUPO」が、3人紹介すれば紹介者が無料になる業界初のアフィリエイト方式を今月13日より開始した。

 自分専用の紹介URLが与えられ、SNSやブログで皆に紹介していく。自分の紹介URLを経由し、3人が購入した場合はそのクーポンチケット1枚分の金額がポイントとしてバックされる仕組みだ。ポイントは他のクーポン購入時に使用、または現金に換金することもできる。

「TOKUPO」を運営するイーファクターは、この機能を使用することでソーシャルメディア上での口コミがさらに加速すると見ている。さらに海外と日本ではソーシャルメディアの普及率や使われ方も異なるため、現在の日本に適した独自のフラッシュマーケティングを展開していくと予想する。

 株式会社シェアコトでは、就職活動用のフラッシュマーケティングサイトを開発した。フラッシュマーケティングの仕組みを用いて、企業セミナーなどの集客を行う。これにより当日の就職活動生の参加人数が把握しきれないといった不安要素がなくなるという。

 このように元々はシンプルが売りのはずのグルーポン系サービスに変化が見え始めてきた。ブームが沈静化したときの生き残りをかけて、今からさまざまな手法でユーザーの確保に奔走している。

 ただし、お得感が人気のクーポンサイトでは、新規参入しやすい事業ゆえに乱立ぶりも目立つ。さらには格安クーポンをばら撒きすぎると結果的に店側のブランドイメージの低下につながりかねないといった声も多い。

 格安クーポン自体に物珍しさがなくなってきた時こそフラッシュマーケティングの真価が問われる。今後フラッシュマーケティングが時代と共にどのように進化し発展していくのかに注目だ。

【関連記事】
Twitterの威力発揮 「グルーポン系サービス」広がる
配当は「収穫したお米」や「タコ」 消費者も大満足の「一口オーナー制度」とは
競争激化の夜行バスに新サービス続々 豪華カプセル式シートや東京-大阪間500円も
なぜ米国人は突然株を売り始めたのか 脚光を浴びるプロスペクト理論

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5