MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

総工費1700億円の議員会館に保育所もオープン
一方で、ますます増加する待機児童

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/09/18 14:30

 東京・永田町に、今年7月に開館した衆議院の第2議員会館内に9月1日、国会で初となる保育所「キッズスクエア永田町」が開園した。東京都の認証保育所として民間会社が運営する保育所は、同会館の地下3階部分に設置され、午前8時から午後9時の間、0~5歳児を受け入れる。万全なセキュリティの体制を取り、園庭を備えた機能性の高い保育所だとしており、室内は約275平方メートルで、砂場やプールのある園庭は約180平方メートル、定員は34人。

 国会議員や議員秘書、職員らのほか近隣に勤める人や地元住民らの利用も可能だという。9月は14人の利用が決定しており、このうち国会議員は1人で、議員秘書が2人、残りは近隣住民が利用しているという。

 一方、東京都の福祉保健局が7月13日に発表した「保育所の状況等について」によると、都が2008年度から3年間で定員1万5千人分の整備を行う「保育サービス拡充緊急3か年事業」では、2010年度整備目標を当初計画の1.5倍に引き上げ、その整備目標を達成したという。その結果、2010年4月の東京都の保育サービス定員は、認可保育所・認証保育所・認定こども園・家庭福祉員の合計で19万4849人となり、昨年より8538人増加している。しかし、保育所入所待機児童数は、前年度比496人増加の8435人で、依然として厳しい状況が続いている。

 衆参両院の議員会館の総事業費は合計で約1700億円。この議員会館は当初から「税金の無駄遣い」と批判の声も上がっており、豪華な保育所が完成する一方で、園庭もない無認可保育所への入所すらままならない家庭も多い。働く女性へのサポートが永田町だけではなく、国民全体に行き渡ることが望まれる。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5