MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

日本特殊陶業(5334) 11/3期の上期会社予想を上方修正するも、通期予想を据え置き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/09/28 18:00

<株価の上昇余地があろう>
11/3期1Q(4-6月)末実績PBR1.20倍など割安感が無いものの、 11/3期TIW予想PER11.4倍や今期業績が会社計画を上回る見通しであることなどから、株価は上昇余地があると思われる。
<今上期予想を会社側が上方修正>
9月27日、会社側は11/3期上期の営業利益を185億円(前年同期比195億円改善)と従来の113億円(同123億円改善)から上方修正した。対面業界である自動車業界と半導体関連業界の回復に伴う増販効果が寄与したことが理由。なお、会社側は従来通期予想を据え置いている。
<TIW予想上方修正>
TIWでは11/3期の営業利益を287億円(前期比2.7倍)と従来の235億円(同2.2倍)から上方修正する。下期の会社見通しが保守的と判断した。(溝上 泰吏)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
ライオン(4912) 国内高付加価値品が好調に推移
リケン(6462) 足下は堅調だが補助金終了後の受注への影響を見極めたい
グリー(3632) TIW業績予想修正、株価はまだ上値を有すると見る
自動車部品セクター上期決算の注目ポイント -高田 悟-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5