MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

11月の株式市場、面白いことになりそうな気配
【日経新聞の読み方】第27回

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/10/22 09:00

まいど! 相場の福の神・藤本誠之です。前回お話した通り、11月に入ると低迷していた株式市場も、活気づいておもしろいことになってきそうな気配があります。(バックナンバーはこちら)

ベイスターズの行き先が占う株式市場

 それにしても横浜ベイスターズの売却話には、プロ野球ファンの私・藤本も驚きました。まあ、子会社にトステムやINAXをもつ、住宅設備大手【5938】住生活グループが買収するのは、ほぼ決定だろうと思います。

 11月14日にはプロ野球のオーナー会議がありますから、11月上旬には交渉を終えて、正式に買収が決まるんちゃうかと思います。でも、今回の買収で得したのは、【2674】ハードオフコーポレーションやと思います。というのも、新潟への本拠地移転案が浮上したために、新潟のスタジアムに脚光があたりました。

 そう、次なる本拠地になるんちゃうか、と噂されている『HARD OFF ECOスタジアム新潟』のネーミングライツスポンサーということで、連呼される結果になりましたからね。もともと株価は高値圏にありましたが、今回のニュースはまさに「棚ぼた」。

 事業内容はリサイクルやし、スタジアム名からも「環境にやさしい」イメージを大いに売り出せたはず。しかも、売上高も伸びてるし、利益も出ているし、配当利回りが5%超と割安なんですね。なので、もし、本格的に球団本拠地が移って来たらと考えると、かなり楽しみな銘柄です。

 ちなみに『HARD OFF ECOスタジアム新潟』が新本拠地となる場合、ほかに地元企業がスポンサーとしてつくとしたら、やっぱり、【2220】亀田製菓かな、という気がします。で、調べてみたところ、ここ3年間は相場がぼろぼろになっているにも関わらず、株価は横ばいと大変堅調。なかなか強い銘柄ですね。

住生活グループの次の手とは

 一方、売却したTBSは次の決算は多少よくなるかもしれませんが、このニュース自体は、新事業着手とか、そういう将来性のあるニュースとは言いがたいですね。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 藤本 誠之(フジモト ノブユキ)

    「相場の福の神」とも呼ばれている人気マーケットアナリスト。関西大学工学部卒。日興證券(現日興コーディアル証券入社)、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。2008年7月、マネックス証券から、カブドットコム証券に移籍。2010年12月、トレイダーズ証券に移籍。2011年3月末同社退職 現在は、独立してマーケットアナリストと活躍。多くの投資勉強会においても講師としても出演。日本証券アナリスト協会検定会員。ITストラテジスト。著書に『ニュースを“半歩”先読みして、儲かる株を見つける方法 』(アスペクト)など。個人アカウント@soubafukunokamiでつぶやき始めました

     

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5