MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

本格的な冬到来でダウン商戦激化中
ユニクロ、ポーチ収納可能で軽さと薄さアピール

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/12 14:00

 冬になると恋しくなるダウンジャケット。11月も半ばに入り、街中にもちらほらダウン姿の人が現れだしてきた。本来は極寒地で用いられるアイテムであり、タウン用ではなかったダウンだがフランスブランド、モンクレールの人気に後押しされるようにファッション着としてますますその地位を確固たるものにしてきた。

 イタリアブランドのデュベティカも人気だ。モンクレールよりもリーズナブル、軽量&カラフルなモデルが多い。かさばるイメージの強いダウンだが、最近はデュベティカに限らず、軽量で薄手でシルエットが美しいものも多く出回っている。今季も各ブランドより特徴的なダウンが多数発表されている。

 中でも注目を集めているのが、ユニクロダウン。東レと共同開発し、なんと軽さ206gの「新・ウルトラ ライトダウン」を発売。小さくたためるポケッタブル仕様でバッグにも収納可能。普段使いはもちろんのこと、気温差が心配な日はバッグにイン、レジャーのお供にと様々なシーンで活躍しそうだ。さらに値段も5990円~とお手ごろ。「世界の冬を変えてゆく。」というコピー通りとなるか。

 最近流行中の山ガールにも嬉しい商品も登場している。デサントはマーモットより、アウトドアに最適なダウン入りのスカート「トランス ダウン スカート」を発売。アウターだけでなくボトムスにもダウンという意表をついたアイテムだ。「着脱式のヒップカバーが、山小屋での休憩時や地面に直接座るシーンでもスカートの汚れや傷を防ぐ」とのこと。

 さらにはCMでもおなじみの洗えるダウン、ライトオンの「XーWASH」も話題性が高い。家庭用洗濯機で中性洗剤を使用すれば洗うことが可能。中のダウンがよれたりしてしまいそうで、洗うことは困難なダウンだが、問題なく洗えて清潔に保つことができるのは頼もしい。ただし柔軟剤・漂白剤・アイロンはNGとのことだ。


 ダウンも最近では一人一着、二着が当たり前になってきた。ショート丈からコート風までデザイン色々、カラーバリエーションも実に豊富。2010-2011年秋冬もダウン市場は活気づいている。

【関連記事】
韓国で公共放送の値上げめぐり論争 受信料はNHKよりはるかに安い月額181円
水道水詰めたペットボトル1本120円は高い?
ドミノ・ピザ、時給250万円のアルバイトを募集
年収1800万円がリストラで無職に… 解雇に抵抗する日航社員「天国と地獄」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5