MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

勝利を求めると株式投資は「質の高い娯楽」になる
【シストレ現場その4】

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/12/01 10:00

僕のミッションは相場の楽しさが増幅できるようなソフトウェアを作ることであると自分で定めています。(バックナンバーはこちら)

プロジェクト名はラスベガスにある有名カジノホテルの名前

 さて今回から、僕が自分の会社で手掛けているシステムトレード用のソフトウェアの解説をはじめます。

 まずこのプロジェクト「Bellagio」(ベラージオ)の歴史をざっと説明します。
 プロジェクト全体としては、別にシステムトレード専用というわけでなく、チャートの表示や発注機能を含めたトレーディング用のツール全体を手掛けています。現在正式な製品になっているのはWindows版のみですが、別途iPhone/iPad版、Android版も開発中であり、その総称としてBellagioという名前を社内的につけています。

 当初の企画としては、特定のFX会社等と提携せず「野良」のツールとして直接個人投資家向けに提供する方向もありました。しかし、将来的にシステムトレード系の機能に進出するなら実際の取引ができるようになっていなければならないので、それであれば最初から正式にFX会社と契約してツールを提供していくほうがよいだろうと判断し、まず基本的なトレーディングツールをリリースした後にシステムトレード用の機能を追加していく、という作戦でいくことにしました。

 そのかわり、「野良」ではなくFX会社と契約する以上はある程度個別のカスタマイズ機能の作成も必要になりますし、交渉事も増えるため手間と時間はかかった(なんだかんだで当初予想の2倍くらい!)のですが、いよいよ遅ればせながらその準備が整ってきたというわけです。

 なお、プロジェクト名「Bellagio」は、ラスベガスにある有名なカジノホテルの名前です。映画「オーシャンズ11」の舞台になったことでも有名です。プロジェクト開始前、後に一緒にこの仕事をすることになる友人たちとラスベガスに旅行して、Bellagioホテルに宿泊しカジノで遊びつつプロジェクトの作戦を練った、ということからこの名前がついています(まあカジノに行くと体力の限界まで遊ぶので、プロジェクトの作戦を練るのは結局飛行機の中での会話くらいしかありませんでしたが…)。

 もちろんこれは、トレーディングの面白さとカジノの面白さはまったく同一であり、一級品の娯楽であるという信念を込めた名前でもあります。

 というわけで、今回から紹介するシステムトレード用プラットフォームはBellagioという大きなプロジェクトの中のサブプロジェクト、ということになります。これはコードネームAriaと名前をつけてこれまで作成していました。Ariaは去年ラスベガスにできたBellagioとは別の新しいカジノホテルの名前で、Bellagioとはモノレールで簡単に行き来できるようになっています。Ariaはまだ行ったことはないのですが、今度ラスベガスに行くときは必ず行きたいと思います。

金さえ払えば勝てるシストレツールは手に入るのか?

 さて、システムトレードに関するツールや、関連するビジネスをしている法人・個人は無数にありますが、その中でAriaが目立つ存在になるべく大事にしている方針は、「自分で考えるための高品質の道具を提供する」ことです。

 これは何を意味するのか、具体的に説明していきましょう。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5