MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

エコ意識が高まるなか、意外にもペットボトル回収率低下の真相

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/27 14:30

 2009年度のペットボトル回収量は437千トン、回収率は77.5%で前年度より0.4ポイント低下した(PETボトルリサイクル推進協議会調べ)。ペットボトル製品の販売量は564千トンで前年並みだった。エコが浸透し、国民全体のエコ意識が高いなか、わずかではあるが回収率の低下は意外だ。

 企業による回収が減ったことが原因だが、これは家庭のエコ意識が低くなったからではなく、中国などに有料で売却して輸出する独自処理ルートによるケースが増えているためと思われる。

 世界的にもペットボトル回収に対する日本の意識は依然高い。欧州の回収率48.4%や、米国28.0%と比べると日本は10年度の目標であった75%回収率を08年度に引き続いて前倒しで達成しており、同協議会は2014年度に回収率80%を目指している。

 回収率アップの先にあるものはもちろんリサイクルだ。リサイクル事業に活発な企業の存在も見逃せない。凸版印刷は「リサイクルしたペットボトルを主原料とし、これまでのICカードと同等の耐久性と価格帯を実現した環境対応型ICカード『PETボトルリサイクルICカード』を開発」。ペットボトルをリサイクルしたカードは、耐久性の面で課題があったがエーペックスジャパンとワールド化成の協力の下、既存のポリ塩化ビニル製のICカードと同等の強度を実現。金融系のICカードに必要なISO基準の耐久性を可能にしたという。

 安価な製品を大量生産し、売り上げを伸ばす企業が目立つなか、手間がかかりすぐさま利益につながりにくいリサイクルに積極的な姿勢をみせるこうした企業を評価する声もある。

 一方、国内のリサイクルにまわされず海外へ輸出されるペットボトルは、リサイクル業者の収益にも影響し、政府では基本方針の提示が行われている。

 ペットボトルの回収方法を今一度おさらいしておこう。ペットボトルは中を軽く水ですすぎ、つぶして資源ごみへ。キャップと外装ラベルは外して可燃ごみ(渋谷区の場合)。キャップやラベルの扱い方は自治体によって異なる。間違いやすいが、プラマークが付いているボトルはこれとは別なので注意。

【関連記事】
クーポン共同購入サイト盛況も「ポンパレ祭り」で大誤算の顛末 50万人集まらず
不ぞろい・知名度低い「未利用魚」活用本格化 ネット販売や給食用加工食品で販路拡大
インサイダーまみれの株相場 「怒る個人投資家」と「笑うファンド」
中国不動産バブルは現実か杞憂か?

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5