MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

NTTデータ(9613) 不採算案件の追加発生はネガティブ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/25 18:00

<不採算案件の動向が株価の方向性を決めよう>
不採算案件の追加発生がなければ12/3期の収益拡大を見込んで株価は持ち直すと我々は予想していた。しかし、12/3期2Q(7-9月)で不採算案件の追加発生はあった。一先ずの悪材料出尽くしから株価の下落リスクは低減されていると思われるが再度の追加発生を考慮せざるを得ず、当面、株価がTOPIXをアウトパフォームすることは難しいと我々は考える。
<11/3期2Q累計の業績は大幅な営業減益となった>
11/3期2Q累計(4-9月)の業績は前年同期比0.2%増収、24.1%営業減益となった。販管費の増加に加え、不採算案件の発生が収益性を圧迫した。不採算案件は11/3期1Q(4-6月)に続き、11/3期2Qに追加で発生しネガティブ・サプライズを伴う決算内容となっている。
<TIW業績予想修正>
決算を踏まえてTIW業績予想を修正した。なお、12/3期2Q累計の業績を圧迫させた不採算案件が収束し、他の発生がないと仮定するのであれば、12/3期の営業利益は我々の予想を超過するだろう。(鈴木 崇生)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
神戸製鋼所(5406) 2Q累計は非鉄鋼事業が好調。業績の安定性や新製鉄法を株価は評価
電動バイクは縮小する二輪車市場の救世主となるか -高田 悟-
東武鉄道(9001) 11/3期見通し据え置きだが、東京スカイツリーの波及効果を評価
ITホールディングス(3626) 外注費の削減など収益性の改善はポジティブ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5