MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

小笠原諸島22泊の格安ツアー
驚きの価格で話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/12/11 10:30

22泊の小笠原ツアーが、8万3000円で募集されている。ゆっくりと流れる時間の中で、小笠原の生活を体験したい方にお薦めだ。  

 東京諸島観光連盟が、小笠原諸島に22泊するツアーを企画し、参加者を募集している。東京・竹芝桟橋を2011年1月11日に出発し、2月4日に帰着する日程。船中で2泊する。料金が8万3000円と格安なため、ネット上でも話題となっている。

 このツアーが開催される時期は、本州と小笠原を結ぶ定期船「おがさわら丸」の点検・整備期間で、ほぼ唯一のアクセス手段がなくなるため、例年、観光客がほとんどいなくなる。そこで、宿を長期間空室にしておくくらいならと考え、このツアーを企画したという。

 小笠原諸島の滞在期間は22日間。1月の小笠原諸島の平均気温は18℃で、海洋レジャーも楽しめる。移動手段としては、レンタカーを借りる場合、最も安い車種で1日5460円~。このほか、レンタバイクやレンタサイクルもある。50CCのバイクの場合、1日1800円~、自転車の場合1日1200円~となっている。

 小笠原諸島の大自然を満喫するのなら、現地でさまざまなガイドツアーがある。滞在期間中は、ザトウクジラホエールウォッチングが開催されている。船の上からクジラのダイナミックな姿を観ることはもちろん、水中マイクで「ソング」と呼ばれる声も聞くことができる。料金は半日コースで3150円~、1日コースだと8000円~。

 このほかガイドと一緒に森を歩きながら、世界で小笠原にしか生息していない動植物を観察するツアーや、第二次世界大戦中に日本軍が築いた数多くの防空壕や大砲などの戦跡を巡るツアーなどもある。

 料金の中には、往復の船賃と宿泊費が含まれているが、食事は付いていない。そのため、滞在中は島の飲食店で食事をするか、自炊をすることになる。自炊を希望する場合には、設備のある宿を選び、食材を島にあるスーパーで購入できる。

 この期間、時間がある人にとっては、お薦めのツアーとなっている。ゆっくりと流れる時間の中で、小笠原での生活を楽しめそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5