MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

はみ出し銀行マンの投資相談室 Vol. 42
「投資クラブに参加した方が儲かりますか?」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/02/21 10:00

はみ出し銀行マンの横田濱夫氏が、悩めるMONEYzine(マネージン)読者の投資相談に答えます。投資相談 Vol. 42は、ママ友に投資クラブに誘われ、迷っている読者からの相談です。(バックナンバーはこちら)

今月の読者からの投資相談 Vol.42

 子どもが今、お受験の真っ最中です。その塾仲間のママさんたちと、よくファミレスなどに集まっては、昼下がりのお茶を楽しんでいます。たまたまそこでの話題が株式運用になった時のこと。Sさんは友人たちと投資クラブを作り、年間数百万円の利益をあげているそうです。子どもの塾の月謝も、自分のお茶代も、すべてそこからまかなっていると聞き、心を動かされました。私もOL時代、株式投資のマネ事をした経験はありますが、損が続き、やめてしまいました。Sさんの話だと、銘柄選びはすべてメンバーの合議制で、利益の分配も公平だそうです。月に2回みんなで集まってする「投資戦略会議」でのおしゃべりはとても楽しく、それだけでも「経済の勉強になるからぜひ参加しない?」と誘われました。投資クラブって本当に儲かるんでしょうか?(専業主婦・31歳)

はみ出し銀行マン・横田の答え

 儲かるに決まってます!
「3人寄れば文殊の知恵」と言うじゃないですか。むしろ「なぜ儲からないのか?」を考えてみてください。

 一人ひとりの知識や情報量には限りがありますよね。自分ひとりの変な思い込みや、偏りもあります。判断が主観的で、客観性がない。これじゃあ勝てないに決まっています。

 そんな個人投資家の短所をカバーするには、みんなで情報を持ち寄り、相談することでしょう。それにより、一人でやっていた時の思い込みや偏りは修正され、結果として総合的な判断が出せるわけです。

業界情報を交換し合おう!

「投資戦略会議」の過程では、経済だけでなく、いろんな産業情報も吸収できます。例えばもし、ご主人が医療関係なら、その業界のことは詳しいかもしれませんが、他の業界のことはあまり知らないでしょう。

 でも他の奥さんのご主人が建設関係だったり、IT関係だったり、自動車関係だったりしたら、視野はずっと広がるはずです。もちろんその分、投資対象や投資チャンスも広がりますね。

 業界情報だけでなく、手数料の安い証券会社はどこかとか、最新流行のテクニカル手法とか、他人から得られる知識や情報は無限大です。それもこれも、他の投資家と交わればこそで、独りよがりでやっていては永遠に得られません。

独りよがりの主観的判断はダメ

 そんな有益情報の交換の場が「投資クラブ」というわけで、せっかくのお誘いを断る手はないでしょう。

 まずは少額から始めればいいと思います。クラブの雰囲気がだんだんわかってきて、かつ投資の成果も出てきたら、徐々に投資額を引き上げていけばオーケーです。

 独りよがりの主観的判断は、投資には絶対禁物。みんなの知恵を出し合って、独断と偏見のリスクを減らし、投資精度を高めるのは、なにより科学的で合理的です。

 勉強にもなって、お金も儲かるなら、一石二鳥じゃありませんか。ぜひとも参加をお勧めします

人間は猿の延長線上である

 というのはすべてウソだよ~ん。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5