MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

子どもの防犯に携帯電話定着へ
「防犯用ケータイ」各社競う

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/02/19 10:30

携帯電話各社が、子どもの防犯に特化した携帯電話を販売している。それぞれに特徴があるので、比較して購入するといいだろう。

 警察庁が発表した平成22年上半期の「少年の犯罪被害」によると、子どもが主な被害者となった刑法犯認知件数は11万5278件で、昨年同期に比べ1万1796人、率にすると9.3%の減少だった。しかし、刑法犯被害件数のうち子どもが被害者になる割合は19.1%と前年同期と同水準で、子どもを持つ親の不安は解消されたわけではない。

 そこでソフトバンクモバイルは、新入学シーズンに合わせて「みまもりケータイ SoftBank 005Z」を、2011年3月中旬以降に発売すると発表した。「みまもりケータイ」は防犯ブザー付きの携帯で、ブザーが鳴動するとあらかじめ登録した電話番号に位置情報をメールで知らせるGPS機能が搭載されている。

 つくりはボタン1個だけのシンプルなもので、ボタンを押すだけで母親に連絡できるなど、低学年の子どもでも使いこなすことができる。月額基本使用料は490円で、音声通話は1~21時が無料、21~1時は21円/30秒。SMS送信、被検索時のパケット通信料は無料となっている。一方、検索する保護者の携帯電話は、位置ナビ(210円/月)およびS!ベーシックパック(315円/月)への加入が必要で、位置検索料金として1回あたり5.25円かかる。

 同様のサービスは他社も提供している。auの安心ジュニアケータイmamorinoは、子どもの防犯に特化した携帯電話で、警備会社のセコムが提供するココセコムのサービスが標準で付加されている。防犯ブザーのストラップを引くと、自動的にセコムへ通報され、希望すれば、子どもに最も近い位置にいる緊急対処員が、現場に駆けつけてくれる。ただし、その場合には1回につき1万円が別途必要になる。また、自宅のパソコンや携帯電話から子どもの位置情報の検索もできる。

 このほかドコモでは、キッズケータイF-054Aがある。こちらも子どもの防犯に特化した携帯電話で、防犯ブザー機能がある。ココセコムのサービスは追加することができるが、その場合には、加入料金が別途必要になる。

 提供しているサービスの内容や料金は、それぞれ異なるので、新学年のスタートを機に、子どものための携帯電話購入を検討されている方は、比較してみるといいだろう。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5