MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

デジカメ業界の救世主は女性か
「カメラ女子」向けの機種が続々登場

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/02/19 16:00

国内市場では横ばいとなっているデジカメ業界。カメラと写真映像の大型見本市「CP+(シーピープラス)2011」では、女性ユーザーをターゲットにしたカメラが目立った。

 「女子会」をはじめとして「山ガール」「釣りガール」などが注目され、「女子」がさまざまな業界に影響を与えているが、デジカメにもその波が到来しているようだ。

 カメラ映像機器工業会(CIPA)が主催する、カメラと写真映像の大型見本市「CP+(シーピープラス)2011」が9日から12日まで、横浜市のパシフィコ横浜で開催され、99社が出展した。今年は、女性ユーザーを意識したカメラが目立った。

 キヤノンは3月に発売するデジタル一眼レフ入門機の人気シリーズ「EOS Kiss」の最新2機種を披露。「X50」では女性向けに、一眼レフとして初めて赤色を投入した。 

 パナソニックは、女子フォトの悩みを解決とうたった「LUMIX DMC-FX77」を2月25日より発売する。3.5型タッチパネル液晶を採用し、「ビューティレタッチ」「アートレタッチ」「マイフォトアルバム」の3つのアプリケーションを搭載。撮影後も思いのままに写真をアレンジして楽しむことができる。

 また、女性雑誌「sweet」とコラボしたアプリ「雑誌sweetをつくろうbyLUMIX」がmixiに登場。ユーザー自身が、sweet編集部のスペシャルエディターとなって、毎月の編集テーマに合わせて素敵な写真を集めて誌面を編集すると、オリジナルウェブ版sweetが作れるという。さらに、sweet本誌と連動し、sweet編集部とLUMIX直伝の、写真撮影のマル秘テクニックを教えるフォトレッスンも随時公開している。

 一方、写真を楽しむ女子をターゲットにした雑誌「女子カメラ」とコラボした「Nikon×女子カメラ」を展開するニコンは、コンパクト型の機種に犬や猫が正面を向いた瞬間を自動検出し、ピントを合わせる「ペットモード」機能を搭載した機種を発表している。

 CIPAは9日、コンパクト型と一眼を含む2011年のデジタルカメラの世界出荷台数が10年比7.8%増の1億3100万台となる見通しを発表。2年連続で前年を上回り、過去最高となるものの、日本向けは0.9%増の1070万台とほぼ横ばい状態となっている。

 国内市場の伸び悩みが懸念されるデジタルカメラ業界でも、やはり「女子力」が頼みの綱となりそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5