MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

日米中で最も貯蓄率が低い日本
「具体的な人生設計がない人が多い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/02/26 16:00

かつて「日本人は貯蓄が趣味」などといわれたが、最近は貯蓄意識が低下し、定期的に貯蓄している人が減少しているようだ。

 東京スター銀行が、東京と上海、ニューヨークの各都市で、各国在住の20~40代のビジネスパーソン900人(各国300人)を対象に、「貯蓄に対する意識調査」を実施した。それによると、「定期的に貯蓄をしている」と答えた人の割合が、米国が66.0%で最も高く、中国が50.3%、日本が43.0%で、日本は3カ国の中で最も低かった。

 貯蓄の目的について尋ねると、「明確な目的を持って貯蓄している」と回答した割合は、米国が71.3%で、中国が54.0%だったのに対し、日本は23.3%と圧倒的に低かった。

 また、将来の人生設計について尋ねると、「具体的な人生設計を持っていない」と回答した割合は、中国が6.3%、米国が22.3%だったのに対し、日本は39.7%で最も高かった。

 こうした調査結果から、日本人は、将来の人生設計が定まっておらず、目標を持たずにただ何となく貯金している、という傾向にあり、そのことが計画的に貯蓄ができないでいる要因のひとつになっているとみられる。

 また、2010年8月のニッセイ基礎研究所・石川達哉氏のレポート「落日の貯蓄大国」でもすでに日本の貯蓄率の低さが指摘されており、OECD加盟28カ国の「家計貯蓄率」を比較したところ、日本の「家計貯蓄率」は2.3%で、下から5番目の低さだった。

 「家計貯蓄率」は、収入から税金と社会保険料を差し引いた「可処分所得(自由に使えるお金)」のうち、貯蓄した金額の割合を示したもの。石川氏は、日本人の貯蓄率が低い理由について、貯蓄の源泉となるべき可処分所得が減少していることを挙げている。このような国は、28カ国の中でも日本だけだという。

 「日本人は貯蓄が趣味」などといわれた時代もあったが、長引く不景気の影響で収入が減り、貯蓄しづらい環境に陥っているのかもしれない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5