MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

Androidケータイ、iPhone猛追
複数機種で王者iPhone包囲網

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/06 18:00

Androidを搭載したスマートフォンが続々と市場に投入されている。Androidケータイの魅力とは。

 昨年の今頃はまだ「Xperia」も発売されておらず、目立ったスマートフォンといえばiPhoneくらいなものだった。しかし日本で急速にスマートフォンが普及した今、ユーザーに対してマクロミルが行った調査(※)によるとスマートフォン所有者412人に対し、iPhoneユーザー209人、Androidケータイユーザー159人という結果でが出ており、Androidケータイの猛追ぶりが伺える。

 勢いをみせるAndroidケータイだが魅力は何か。iPhoneのように規制がなくアプリの自由度が高いことは魅力だが、現状ではiPhoneのほうがアプリは充実。Androidケータイユーザーも独自のアプリよりもiPhoneでも人気のアプリをまずはダウンロードすることが多い。

 スマートフォンを購入した理由に「使いたいアプリがあった」を選んだ人はiPhoneユーザーが31.6%、Androidユーザーは17.0%。「アプリが豊富だから」と答えた人はiPhoneユーザー67.5%、Androidユーザー58.5%とアプリに関してはiPhoneが優勢だ。

 一方Androidユーザーは「大きな画面だから」「これからスマートフォンが主流になると思うから」「ワード、エクセルのファイルを閲覧できる」がiPhoneユーザーに比べると各々10ポイント以上高くなった。

 iPhoneユーザーはスマートフォンが主流になるからというよりもiPhoneを使いたいからという感覚のよう。iPhoneの絶大なブランド力を示す結果となった。

 4月以降SIMロックが解除されるが、SoftBankはiPhoneをSIM解除対象機種にしていない。そのため4月以降もSoftBankのiPhone、docomo・au派はAndroidケータイという状況は変わらず。docomo・au派はAndroidケータイを選ぶため必然的にユーザー数は増加する。iPhone1機種に対し、Androidケータイは機種が豊富なため、ここでもユーザー数を伸ばすのは必然。機種が選べることは魅力でもある。

 そのほかAndroidケータイの魅力は赤外線、おサイフケータイ、ワンセグといった日本独自の機能を盛り込んだ機種が多いことだろう。

 一度これらの機能がないスマートフォンを使用すると特段要らないイメージもあるが、スマートフォンに乗り換えるにあたり、これらがないと機種変更に躊躇してしまう人も多い。

 東芝、SHARPなどから発売されている機種は日本人向けにそれらの機能が備わっている。「REGZA Phone」「GALAPAGOS」「LYNX」などだ。

 それからスマートフォンでもdocomoのSPモードのように従来と同じメールアドレスが使用できることも魅力的だ。

 しかしながら欲しい端末アンケートの1位はやっぱり「iPhone 4」(32%)。キャリア別だとSoftBankはもちろん「iPhone 4」が1位、docomoとau1位はともに「REGZA Phone」だった。これだけAndroidケータイが市場に投入されても王者iPhoneはいまだに強い。

 とはいえ今後のAndroidケータイには注目株が目白押しだ。24日にはdocomoからソニー・エリクソンの「Xperia arc」が発売。昨年4月に発売された前機種はiPhoneの対抗馬としてスマートフォン市場の牽引役となり、ファンを確保しただけに次作も大いに期待できる。

 日本での発売は未定だが「Xperia neo」「Xperia pro」「Xperia Play」と次々とXperiaブランドを投入し、市場での存在感を高めている。同じくdocomoから発売されるNECカシオモバイルコミュニケーションズの7.7ミリの薄型「MEDIAS」も注目されている。王者iPhoneをAndroidケータイが陥落させる日は来るのか。

※調査期間2011年2月17日(木)~2月18日(金)。有効回答数はスマートフォン所有者412名、スマートフォン購入意向者206名。マクロミル調べ。

【関連記事】
携帯キャリア3社の社員の給料を一挙公開 一番年収が高いのは意外にも・・・
リストラの嵐吹き荒れる消費者金融業界 その経営状態と平均年収をチェック
日米中で最も貯蓄率が低い日本 「具体的な人生設計がない人が多い」
中国株は金利と不動産価格の動きが注意を要する段階に入った可能性も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5