MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

大陽日酸(4091) 12/3期業績は震災の影響は避けられないだろう

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/28 15:00

<市場平均並みの株価展開を予想する>
TIWでは市場平均並みの株価展開を予想する。その理由は、中長期的には海外展開の伸張が見込まれるものの、(1)12/3期は鉱工業生産の低下が予想される、(2)MOCVD(有機金属化学気相蒸着法)装置は端境期となる見込み、など業績の伸張は期待しにくく、株価を押し上げるだけの好材料を欠いているため。
<12/3期業績は震災の影響が予想される>
主力事業である産業ガスは基本的に内需型である。主に、鉄鋼、化学、エレクトロニクス向けなどへの供給が多く、経済産業省の発表する鉱工業指数に連動しやすい傾向がある。そのため、12/3期業績への影響は避けられないと考える。しかし、現時点では石炭価格の上昇が持続していることから、取引先には品質を落とし酸素供給量を増やす対応もみられる、など需要を底支えする要因もあるもよう。
<12/3期のMOCVD装置は端境期となる見通し>
MOCVD装置は、11/3期は好調に推移し70億円程度の着地と推測するが、12/3期は端境期になる見通しだ。そのため、前回レポートの12/3期売上高100億円の予想を下方修正し、今期並みの着地を予想する。(高橋 俊郎)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
トピー工業(7231) 建機及び鉱山車両向けが堅調、メタルスプレッド改善も見込めよう
資源開発と環境保護の両立はできるのか -溝上 泰吏-
日本冶金工業(5480) 11/3期利益予想を下方修正(速報)
ニッパツ(5991) 自動車部品は不透明、HDDサスペンションに来期は期待

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5