MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

5本指、わらじなど、メーカーアイディア合戦
進化する健康志向シューズ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/04/24 14:00

「履いて鍛える」をコンセプトにしたシューズが、女性やビジネスパーソンの間で注目されている。

 この数年、ランニングやウォーキングがブームとなっている。そんななか、履くことでインナーマッスルを鍛えるシューズの人気がきっかけとなり、その後も健康志向のアイディアシューズに関心が高まっている。

 2009年に発売されて以降、人気が続いているのが、リーボックの「Easy Tone」シリーズ(9975円より)。履いて歩くことで体幹部のインナーマッスルが鍛えられ、シェイプアップ効果が期待できるという。さらにデザイン性も高いことから、健康志向の強い女性の間で話題を呼んだ。

 その後も、数々のメーカーから、「履いて鍛える」という同様のコンセプトにしたアイディアシューズが発売された。たとえば、イタリアの老舗ソールメーカー、ビムラムの「ファイブフィンガーズ(1万4990円)」は、5本の指が分離しているのが特徴。裸足感覚で5本の指を動かせることで、足腰の筋肉を刺激し、バランス、敏捷性、足腰の強さを養うといった特徴も持っているという。

 また、ミズノのウォーキングサンダル「WAVE REVIVE」は日本のわらじをヒントに開発され、適度な負荷が足腰の鍛錬にもってこいと、これも昨年から好評を博している。「WAVE REVIVE Ⅱ・9343円」はこの2011年版。通気性も抜群なので、暑い季節でも重宝しそうだ。

 健康志向のシューズは、これからさらにどのように進化していくのか。動向が注目される。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5