MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ファナック(6954) 11/3期は会社計画を上回る着地。12/3期上期も拡大が続く見通し

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/04/28 15:00

<市場平均を上回る株価展開を予想する>
TIWでは市場平均を上回る株価展開を予想する。その理由は、東日本大震災の被災はなく直接的な影響は限定的であることや、今後12/3期上期にかけては主力のFA部門やロボマシン部門などで高水準の需要が続く可能性が高いと見るため。
<12/3期上期も拡大が続く見通し>
11/3期業績は売上高4,462億円(前期比76%増)、営業利益1,897億円(同3.4倍)となった。計画比では売上高263億円、営業利益31億円上回った。続く12/3期通期会社計画の公表は見送ったものの、上期計画は売上高2,373億円(前年同期比13%増)、営業利益1,046億円(同17%増)と拡大が続く見通しである。なお今回、アナリスト向け決算説明会の実施は決算発表直前に見送られたため、受注に関しては現時点で公表されていない。有価証券報告書の開示を待ちたい。
<今来期の業績拡大の持続を予想>
決算説明会実施が見送られた点はネガティブであるものの、震災による直接的な被害はないようで、震災関連の特別損失の計上はなく、供給面での大きな懸念材料もないものと推測される。今後、東京電力(9501)管内での節電対応の影響は不可避ながらも上期はFA部門やロボマシン部門の需要期と見られ拡大が想定される。TIWでは今来期共に業績拡大の持続を予想する。リスク要因はステークホルダーへの情報開示姿勢の後退による業績動向のミスリード、アジア(特に中国)の景気動向、為替影響など。(高辻 成彦)
アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside

【提供:TIW

【関連記事】
任天堂(7974) 担当者変更。Wii後継機の仕様はE3で公表予定
マクニカ(7631) 12/3期は通信/産業機器が下支えし、通期で増収営業増益を維持できそう
マニー(7730) 震災影響は今11/8期のみに留まりそう。中期成長ストーリーは不変
中外製薬(4519) 生物学的製剤アクテムラなど新製品の伸長を予想

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5