MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ペットボトル飲料、お茶が根強い人気
風味や価格面でさらなる期待も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/11 18:00

 日本ではペットボトル入りのお茶を購入して飲んでいる人が非常に多い。その分、要望も多く、より美味しく安い商品を求める声も上がっている。

 ペットボトルのお茶系飲料の人気は非常に根強いものがあり、消費者は品揃えのよさを歓迎する声もある一方で、要望に沿ったさらなる充実を願う意見も目立っている。

 例えば、マイボイスコムが4月上旬に日本全国の1万2340人の男女を対象にインターネット上で実施した調査によると、緑茶、日本茶、中国茶、ブレンド茶、紅茶を含むペットボトルのお茶系飲料を飲んでいる人は、実に全回答者の9割を超えた。「ペットボトルのお茶系飲料を毎週必ず購入して飲んでいる」と答えた人も45.1%を占めた。

 ペットボトルのお茶の人気購入商品のトップ5は「お~いお茶」「伊右衛門」「爽健美茶」「生茶」「十六茶」の順で、各メーカーから多彩な商品が出されてはいるが、いずれも市場で独占的なシェアを占めるまでには至っていない。

 また、購入時に重視するポイントとしては「飲みやすいお茶を選ぶようにしている」との回答が最も多かった。僅差で「購入しやすい価格の商品が一番だ」との回答が首位に迫っている。「健康志向から毎日のように飲むお茶なので、もっと値段を下げてほしい」というリクエストも目立っているほか、「コールドタイプのお茶系飲料ばかりなので、もっとホットタイプの商品を充実させてほしい」という声や「まだまだ茶葉のお茶には風味や美味しさで劣る」といった指摘もある。

 ペットボトルのお茶系飲料の不動の人気ぶりを示すデータとしては、DIMSDRIVEが昨年11月にインターネット上で約1万2200人を対象に実施した調査結果でも如実に示された。同調査では、コンビニでおにぎりを購入する人に対して、よく同時に購入する飲食物を尋ねてみたところ、「お茶」と回答した人が群を抜くトップの69.2%となった。他の飲料として「コーヒー」「紅茶」「ジュース」「牛乳」が挙がったものの、いずれも多くても全体の1割程度で、お茶の購入率とは大きく差が開いた。

 日本人とペットボトルのお茶との相性は非常に良いようだが、さらなる市場での成功を目指すうえで、より価格が安く風味のよい美味しい商品の開発は必須となりそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5