MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

まだ続くツチノコ探し
報奨金1億円、100坪の別荘用地も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/19 10:30

 日本に生息するといわれて久しい「ツチノコ」。かつては町おこしなど地域活性化の手段としてもてはやされ、各地で捕獲者への賞金が発表された。一時のブームは過ぎ去ったものの、今でもツチノコ捕獲者への賞金や賞品は健在だ。

 糸魚川市(新潟県)で6月に開催されたイベントでは、ツチノコを捕獲すれば賞金1億円が進呈されることになっていた。今年で6回目を数えるイベントだったが、残念ながら捕獲者は出なかった。

 同様の捕獲イベントはほかにもあり、ゴールデンウィーク期間中に東白川村(岐阜県)でも開催されていた。こちらの賞金は122万円。やはりここでも捕獲者は出なかった。なお、東白川村では捕獲者なしの場合、懸賞金は1万円アップするとのこと。したがって来年は、賞金123万円で、ツチノコ捕獲が繰り広げられる予定だ。

 賞金ではなく土地というものもある。温泉やスキー場、そして日本海と豊かな自然を誇る旧美方町(現香美町/兵庫県)では、ツチノコ捕獲者には別荘用にと土地100坪が進呈される。同町で組織される探検隊隊員であることが前提だが、探検本部では隊員を新たに募集中である。

 一方、旧吉井町(現赤磐市/岡山県)では、2000年に「つちのこ基金条例」を制定。条例には捕獲者への賞金は2000万円、さらに捕獲者が出ない場合は毎年1万円増額と明記されていた。この条例は、平成の大合併によって赤磐市となった今も引き継がれている。そして賞金額も、条例通り11万円がプラスされ2011万円に達した。

 はたしてツチノコは実在するのか。今のところ捕獲されたとの情報はまだない。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5