MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

太陽光発電、作れば作るほど二酸化炭素排出量が増える!? -溝上 泰吏-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/17 18:00

地球温暖化についての賛否両論はさておき、太陽光発電がメディア等で取り上げられる機会が多くなっている。
その多くが、企業のイメージアップのためのPRに使われることが多いように感じる。その理由は、ひとつ。

太陽光発電の発電効率が1割台(火力発電や原子力発電などは6割以上)とあまりにも低過ぎることである。そのため、ライフサイクルアセスメント(生産から廃棄するまで)の観点から、単位発電量あたりの二酸化炭素排出量を比較してみると・・・。
太陽光発電は、発電時にこそ二酸化炭素を排出しないものの、製造時に大量の二酸化炭素が排出される。

これを1kWあたりの二酸化炭素排出量は、火力発電に比べれば低いものの、風力発電の1.3倍、原子力発電の2.4倍にもなる。さらに1kWh発電時のコストを比較(下図参照)すると、風力発電の2.8~4.7倍、火力発電の6.5~10倍、原子力発電の11.2倍にもなる。太陽光発電は、とび抜けて高コストである。

なお、太陽光発電の関係者の名誉のために付け加えておきますが、発電効率は研究者の努力もあって年々向上してきている。現在のチャンピオン効率は15.7%と以前の2倍以上の効率にもなっています(でも、発電効率は4割以上ないと厳しいようです)。

 



【提供:TIW



【関連記事】
東急不動産(8815) SPC連結でB/Sの透明性向上へ
横河電機(6841) 12年3月期は海外制御の伸びや計測機器の改善が期待できそう
シャープ(6753) 液晶の構造改革が順調に進捗するか慎重に見極める必要がある
島津製作所(7701) 新中期計画では今後の海外における需要取込みの成否が注目ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5